文藝・学術出版鳥影社

本のご注文(千円以上のご注文で送料無料)はこちら
小説
HOME>小説 戻る 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 次へ
バイバイボーイ  

バイバイボーイ

清野美智子

現実を前進させるものは愛する人の心の中に自分がいるという確信
母を亡くした少年とその父。再生を願う二人の旅に新しい出会いと、大麻にからんだ事件の謎が……。「ロード・ムービー&サスペンス」の面白さ

価格
著者略歴
本体1,500円+税
 
発刊日
2007年7月15日
ISBN
978-4862650757
猫と砒素ミルク  

<季刊文科コレクション>
猫と砒素ミルク

久保田匡子

「猫と砒素ミルク」の達者さに年季が入っている。三匹の内猫と一匹の外猫の描写もさることながら、生まれたばかりの赤ちゃんへの思い入れに生彩がある。(大河内昭爾)

価格
著者略歴
本体1,800円+税
久保田匡子
1928年大阪生まれ。大阪府女子専門学校(現大阪府立大学)卒。
「暗い稜線」で第六回太宰治賞候補。「痕跡」で第五回神戸女流文学賞。
「裏の海」で第三回大阪女性文芸賞。
著書に『黒い瞳の』『白い小舟』他。
発刊日
2008年1月15日
ISBN
978-4862651099
運慶と快慶  

運慶と快慶
─相剋の果てに─

西木暉

南大門仁王像の胎内に、運慶の名が発見されなかったのはなぜか?
武士勢力の擡頭と根強い伝統の力の狭間で、独創性にあふれた運慶と、その陰で高い精神性を発揮した快慶。『慶派』の芸術と信仰が東大寺の作事場で火花を散らす。

日本図書館協会選定図書

価格
著者略歴
本体2,200円+税
 
発刊日
2008年1月15日
ISBN
978-4862651075
わが恋は炎なりき   わが恋は炎なりき

木下富砂子

黄砂舞う地に咲いた一輪の花。不器用な愛を貫く男。激動の時代を駆け抜けた恋の行方…

価格
著者略歴
本体1,500円+税
 
発刊日
2008年1月14日
ISBN
978-4862651037
朝の波 <季刊文科コレクション>
朝の波

青木健

一つの短編を、かりに三角形になぞらえると、その底辺があり、頂点があるということになる。青木健の「水声」(海燕)は、その頂点を鮮やかに描き出した。(秋山駿)

価格
著者略歴
本体1,800円+税
青木健(あおきけん)
1944年京城生まれ。名古屋大学法学部卒。
1984年「星からの風」で新潮新人賞。
主著に
『中原中也―盲目の秋』『中原中也―永訣の秋』
『幕末漂流』(以上河出書房新社)『剥製の詩学―冨永太郎再見(小沢書店)
『頑是ない歌―内なる中原中也』(福武書店)他。
発刊日
2007年10月25日
ISBN
978-4862650962
 
小説永井荷風   小説永井荷風

小島政二郎

永井荷風に憧れ慶應義塾に入学するも、その思い届かず、人知れず葛藤した小島政二郎。大正から昭和の文壇を隅々まで知り尽くした彼ならではの、荷風の実像に迫った幻の書。

毎日新聞、週刊朝日、週刊文春、図書新聞書評で紹介

価格
著者略歴
本体2,200円+税
小説永井荷風
小島政二郎(こじま・まさじろう)
1984年、東京生まれ。慶應義塾講師を務める傍ら三田文学の編集委員を務める。
主な著書に『眼中の人』(岩波文庫) 、『円朝』上下(河出文庫)、小島政二郎
全集などがある。作家、1994年死去。
発刊日
2007年9月4日
ISBN
978-4862650832
闇からの手紙  

闇からの手紙

山下浩一郎

私立探偵 天童龍二 見参!
戦国時代から続く旧家を舞台に、巧妙に仕組まれた殺人事件の真相は…。現代に生き続ける怨念の嵐。悲劇の連鎖は断ち切れのだろうか。

価格
著者略歴
本体1,500円+税
 
発刊日
2007年8月29日
ISBN
978-4862650863
ぼろおん   ぼろおん

各務麗至

ぼろぼろ人は生まれ、ぼろおんぼろおん生きて、ぼろぼろ死んでゆく。
生、老、死をみつめる著者渾身の短篇集。

月刊香川こまち書評で紹介

価格
著者略歴
本体1,500円+税
 
発刊日
2007年8月12日
ISBN
978-4862650818
落日の残像  

落日の残像

小諸悦夫

まどろみの夕映えにうかんだ光景凪いだ小波は朱色のグラデーションに染まり…
著者渾身の短篇作品集。表題作他、3作品収載

価格
著者略歴
本体1,300円+税
 
発刊日
2007年4月25日
ISBN
978-4862650672
二百デナリのパン  

二百デナリのパン

川西桂司

神との格闘から誕生した、良質の結実!川西文学は、礼賛からではなく、苦難を経て辿りゆく精神のプロセスを、作品として見事に昇華している。(明治大学教授 吉田悦志)

価格
著者略歴
本体1,500円+税
 
発刊日
2007年4月6日
ISBN
978-4862650573
赤土の庭  

赤土の庭

朝比奈愛子

不毛の庭に託し、家族の相剋を描いて秀逸な「赤土の庭」、男女の愛の一瞬を鮮やかに切り取った「ホテル・ドゥブロブニク」など、全6篇の作品集。

価格
著者略歴
本体1,500円+税
 
発刊日
2007年4月3日
ISBN
978-4862650597
幼らは夕日を浴びて眠る  

幼らは夕日を浴びて眠る

野本昭

絆を求める若い命の輝き
浪人生の主人公におきるおもいがけない出来事。知的障害者の少年がとる不思議な行動の理由とは…。孤独な魂のふれあいを鮮やかに描く。

価格
著者略歴
本体1,500円+税
 
発刊日
2007年4月3日
ISBN
978-4862650634
父よ!   父よ!

ペーター・シュナイダー
越智和弘 訳

あのメレンゲの実話をもとに描かれた問題作。息子は父の罪を糾弾できるのか。

価格
著者略歴
本体1,600円+税
 
発刊日
2007年3月10日
ISBN
978-4862650610
ラデツキー行進曲  

ラデツキー行進曲

ヨーゼフ・ロート
平田達治 訳

ロート最大の、そして最高の作品
ハプスブルク帝国の辿った崩壊の過程と、主人公トロッタ家三代の栄光と没落とを情愛豊かに、哀惜の念を込めて描く。

この本の詳細はこちら
価格
著者略歴
本体2,600円+税
 
発刊日
2007年1月25日
ISBN
978-4862650559
夏の家   夏の家

古岡孝信

夏の間にはいろいろなことがある。心の貧乏だけはしたくない……
貧しさと偏見の中で生き抜いた主人公の思いが心に染みる新日本文学賞受賞作「夏の家」他、秀逸なる作品集。

書評

日本図書館協会選定図書

価格
著者略歴
本体1,500円+税
 
発刊日
2007年1月15日
ISBN
978-4862650542
イタリア語で好きだと言って  

イタリア語で好きだと言って

牧野晋也

失業中のパパとママとボクはとびっきり素敵な旅に出た。
イタリアの風、イタリアの人、イタリアで感じたすべてに乾杯!

静岡新聞、神奈川新聞他書評で紹介

価格
著者略歴
本体1,500円+税
 
発刊日
2006年12月4日
ISBN
978-4862650450
吉原有情   吉原有情

一文字祥之

吉原村に神様としたわれる男がいた!

価格
著者略歴
本体1,500円+税
 
発刊日
2006年12月4日
ISBN
978-4862650498
晩秋の客 <季刊文科コレクション>
晩秋の客

難波田節子

難波田小説の世界は、成熟安定した主婦の眼と、一方に果敢な社会的関心と、この一見同居しにくくも思われる二つの要素がみごとに融け合っている。勝又 浩(文芸評論家)

日本図書館協会選定図書

価格
著者略歴
本体1,800円+税
 
発刊日
2006年11月20日
ISBN
978-4862650405
グレゴリー・グレゴリー  

グレゴリー・グレゴリー

桑原徹

あふれる水に誘われて……愛と死をめぐる3つの輪舞曲
海が侵入してくる湿潤な土地から運河の迷路を 通り、青い海に隣接する乾いたテロの国へ。循環する物語。

価格
著者略歴
本体1,500円+税
 
発刊日
2006年10月19日
ISBN
978-4862650351
それでも地球は笑っている  

歴史人物爆笑漫才集
それでも地球は笑っている

寒来光一

織田信長がボケれば、ベートーベンがツッコむ。あの歴史上のヒーロー・ヒロインたちが、漫才師となって帰ってきた!?
ベールに覆われた歴史の謎を、必笑ギャグで暴き出す。

毎日新聞、夕刊デイリー他書評で紹介

価格
著者略歴
本体1,200円+税
 
発刊日
2006年10月19日
ISBN
978-4862650238
HOME>小説 戻る 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 次へ