文藝・学術出版鳥影社

本のご注文(送料無料)はこちら
新刊情報
HOME>新刊情報  
風嫌い   風嫌い

田畑暁生

なぜ、姉は風が嫌いなの?
ちょっとこわくて、どこかおかしい
驚きあり笑いあり涙ありの、バラエティに富んだ傑作短篇小説集

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1,512円(本体1,400円)
田畑暁生(たばた あけお)
1965年生まれ。東京大学経済学部卒業。
同大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。
現在、神戸大学人間発達環境学研究科教授。
専攻は社会情報学。
著書
『映像と社会』
『情報社会論の展開』(いずれも北樹出版)
『あの頃、バブル』(鳥影社)など。
発刊日
2019年4月25日
ISBN
978-4-86265-734-3
NHK民営化論 日本語の誤用と外国語教育への妨げ   NHK民営化論 日本語の誤用と外国語教育への妨げ

木本 清

長年日本の英語教育について提言を続けてきた著者が、日頃気になるNHK番組での「日本語レベル」(カタカナ英語を含む)と、「民主主義の掟破り」と言える態度にもの申す。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1,620円(本体1,500円)
木本 清(きもと きよし)
1943年生まれ
北九州大学外国語学部米英学科卒
元高校教諭
著書に『なぜ学校の英語教育はだめなのか』、『日本語と英語を比べてみれば』、『英語らしい英文を用いるために』、『日本の英語教育をだめにしているのは』、『反論』、『私の英語遍歴』、『再び「広島・長崎への原子爆弾投下の過程」を検証する』『「英語と日本語」再考』『「英語一辺倒の外国語教育」をもうやめよう』いずれも(鳥影社刊)がある
発刊日
2019年4月25日
ISBN
978-4-86265-738-1

角一商店三代記   角一商店三代記

小諸悦夫

小さな百年物語
明治三十年、上州西井田町に待望の鉄道が開通した。それから昭和の大戦・戦後を経て約百年を町の盛衰と共に生きた、角一商店三代の物語。
市井の人々の泣き笑いの歴史を綴る。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1,512円(本体1,400円)
小諸悦夫(こもろ・えつお)
1932年東京都生まれ。法政大学第二文学部英文科卒業。
出版社で主に少年雑誌、少女雑誌の編集に従事。

著書:
『フレッド教授メモリー』(早稲田出版)
『ミミの遁走』『落日の残像』『民宿かじか荘物語』『酒場の天使』
『ピアノと深夜放送』『遙かなる昭和』『栄華の果て』『墓参めぐり』
『インク・スタンド その後』(以上 鳥影社)がある。
発刊日
2019年4月19日
ISBN
978-4-86265-735-0

漱石と熊楠   漱石と熊楠 同時代を生きた二人の巨人

三田村信行

いま二人の巨人の生涯を辿る。

同年生まれ、イギリス体験、猫との深い因縁。
〈森の人〉と〈都会の人〉のかけはなれた知性が存在し、生きた時代には活力と幅の広さ、深さがあった。
異質な二人の生涯を並列させてその地平から見えてくる〈風景〉とはなにか。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1,944円(本体1,800円)
三田村信行(みたむら のぶゆき)
1939年東京に生まれる。
早稲田大学文学部卒業。児童文学作家。
主な作品に、「おとうさんがいっぱい」「風を売る男」「ものまね鳥を撃つな」「風の陰陽師」などがある。
発刊日
2019年4月13日
ISBN
978-4-86265-739-8

やくそく   やくそく

鄭 明珠 著
David Barrett 訳(英訳)

「産まれてくれてありがとう」
本書は、出産や育児の最も大切なメッセージを絵と言葉で伝えようとするユニークな絵本です。
親による子供虐待の悲しいニュースが毎日のように流れる今、ぜひ多くのお母さん方に読んでほしい一冊です。妊娠から出産、育児までの大変さの中で、お母さんは孤立してしまい、どうしたらいいのかわからず、大きな不安を抱えがちです。そんな時、この絵本を手に取ってください。誕生したわが子に「産まれてくれてありがとう」と心の底から呼びかけられるようになるでしょう。
原文は中国出身の日本人女性が日本語と中国語を執筆し、筑波の研究施設に勤務するイギリス人の夫が英訳した夫婦合作による三ヶ国語版の絵本です。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1,296円(本体1,200円)
鄭 明珠 (ティ ミンジュ)
1975年、中国福建省で生まれ、2002年日本に留学。
2006年、筑波の研究施設に勤務するイギリス人の夫と結婚。
2009年、日本国籍を取得。
現在、9歳の子どものお母さん。
発刊日
2019年4月13日
ISBN
978-4-86265-745-9

四王湖岸   四王湖岸

市川一雄

自然との稀有な親和、一体感、それがこの語り手の生の原点なのだ。
そういう意味では、『四王湖岸』は他と違って、まさしく私小説なのだ。彼は湖への人間たちの仕打ちを嘆き、憤っているが、それは自身を産み、育てた聖なる母を傷つける者への怒りに他ならない。(文芸評論家・勝又 浩)

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1,620円(本体1,500円)
市川一雄(いちかわ かずお)
昭和10年(1935) 下諏訪町生。県立諏訪清陵高等学校卒。
作家・編集者。地域紙「湖国新聞」編集長を経て、編集工房「草原社」「あざみ書房」を設立し、
今井久雄著『村の歳時記』全四巻、小松茂勝著『諏訪湖の恵み』など地方文献を出版。
著書に『岡谷製糸王国記』(鳥影社)、『と川子別れ』(鳥影社、刊行予定)、『と川石人譚』(草風社)、評伝『すわ人物風土記』(信州風樹文庫ふうじゅの会)、ノンフィクション『すわ湖の町の平成元年』(あざみ書房)、嶋崎昭典らとの共著『諏訪大紀行』(一草舎)、宮坂光昭らとの共著『諏訪大社の御柱と年中行事』(郷土出版社)、宮坂五郎との共著『戦争が消した〝諏訪震度6〟』(信濃毎日新聞社)など。
諏訪こぶしの会(新田次郎顕彰会)会長、ふるさとの製糸を考える会副会長を勤めた。
諏訪市文化財専門審議委員、下諏訪町文化財専門委員。 文芸誌『窓』編集発行人。
発刊日
2019年4月6日
ISBN
978-4-86265-715-2

新渡戸稲造 人格論と社会観   新渡戸稲造 人格論と社会観

谷口 稔

日本の「武士道」を近代に活かそうとした思想家であり、敬虔なキリスト教信者でもあった新渡戸稲造。多岐にわたる活動を続けた彼の「人格論」をベースに、「農業思想」「植民思想」「教育思想」を論じて、その思想の解明と、真の人物像に迫る。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
2,376円(本体2,200円)
谷口 稔(たにぐち みのる)
恵泉女学園大学人文学部特任教授
1957年 長崎県生まれ。
1981年 慶應義塾大学経済学部卒業。
1983年 慶應義塾大学大学院文学研究科(倫理学)修了。
その後、31年間の恵泉女学園中学・高等学校教諭を経て、
横浜国立大学大学院国際社会科学府博士課程修了。博士(経済学)。
2018年より現職。空手(剛柔流)二段。剣道四段。
発刊日
2019年4月3日
ISBN
978-4-86265-740-4
季刊文科77   季刊文科77

対談 津村節子の時代—昭和を生きた作家たち 津村節子×中沢けい

追悼 松本道介 穏やかな笑顔 記憶のなかの言葉 柴田 翔

創作
(新連載)空白の絵本 司 修
くたかけ〈3〉 小池昌代
結交姉妹〈2〉 村上政彦
転落〈最終回〉 吉村萬壱
文科(エッセイ)
佐藤春夫の内なる〈西行〉 半田美永
雪 吉田知子
水の女—「大菩薩峠」のお雪 長谷川郁夫
もう一つの「文学」展 佐藤秀明
「同行二人」の往復書簡 —八木義德と野口冨士男 平山周吉
飛脚の失意 津村節子
新連載
大倉山から1 魔女裁判と千年王国と 松本 徹

この本の詳細、目次

価格
1,620円(本体1,500円)
発刊日
2019年3月31日
ISBN
978-4-86265-742-8

四王湖岸   岡谷製糸王国記 信州の寒村に起きた奇跡

市川一雄

富岡ではなく岡谷がなぜ繁栄?
諏訪式機械と諏訪式経営、工女たちの奮闘と片倉四兄弟ほか製糸に生きた人たちの群像等情報満載!
糸都の諸相を生き生きと描く。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1,728円(本体1,600円)
市川一雄(いちかわ かずお)
昭和10年(1935) 下諏訪町生。県立諏訪清陵高等学校卒。
作家・編集者。地域紙「湖国新聞」編集長を経て、編集工房「草原社」「あざみ書房」を設立し、
今井久雄著『村の歳時記』全四巻、小松茂勝著『諏訪湖の恵み』など地方文献を出版。
著書に小説『四王湖岸』(鳥影社)、『と川子別れ』(鳥影社、刊行予定)、『と川石人譚』(草風社)、
評伝『すわ人物風土記』(信州風樹文庫ふうじゅの会)、
ノンフィクション『すわ湖の町の平成元年』(あざみ書房)、
嶋崎昭典らとの共著『諏訪大紀行』(一草舎)、
宮坂光昭らとの共著『諏訪大社の御柱と年中行事』(郷土出版社)、
宮坂五郎との共著『戦争が消した〝諏訪震度6〟』(信濃毎日新聞社)など。
諏訪こぶしの会(新田次郎顕彰会)会長、ふるさとの製糸を考える会副会長を勤めた。
諏訪市文化財専門審議委員、下諏訪町文化財専門委員。 文芸誌『窓』編集発行人。
発刊日
2019年3月28日
ISBN
978-4-86265-737-4

反面教師として読んだ『文章読本』   反面教師として読んだ『文章読本』

原不二夫

谷崎潤一郎以来の「日本語読本」に欠けているものは何かを検証し、そこから日本語の原則を探ろうとする試み。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
3,024円(本体2,800円)
原 不二夫(はら ふじお)
1943年 長野県生まれ
1962年 諏訪清陵高校卒業
1967年 東京大学経済学部卒業
1967年 アジア経済研究所入所
1999年 南山大学外国語学部教授
2012年 同学部定年退職
マラヤ大学(マレーシア)、アモイ大学(中国)などで客員教員
学位1997年7月学術博士(東京大学総合文化研究科)
著書:『英領マラヤの日本人』アジア経済研究所、1986年(劉暁民訳『英属馬来亜的日本人』厦門大学、2013年)、『文豪を添削する:正確な日本語を求めて』謄光出版、1991年(私家版)
発刊日
2019年3月28日
ISBN
978-4-86265-725-1

青年M   青年M

紋田允宏

「人間の考え方や生き方が、そう簡単にクルクル変わるものなのか? これも原子爆弾のせいなのか?」
昭和14年生まれの著者が綴る、ある戦後の青春。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1,296円(本体1,200円)
紋田允宏(もんでん のぶひろ)
1939年1月28日生まれ。
慶應義塾大学経済学部卒。
中部電力(株)、NHK放送記者を経て
建設技術研究所(株)、 慶應義塾大学法学部非常勤講師、
NHKグローバルメディアサービス(株)専門委員。
発刊日
2019年3月22日
ISBN
978-4-86265-736-7

季刊文科セレクション(2)   季刊文科セレクション(2)

季刊文科編集部

それぞれの作家の人生が作品の向こう側から見えてくる気がして、姿勢をただして読んだ。身勝手な技巧に走らず、自分の書きたいものを書くという感情がストレートに届いてきて、読み手のこちらも久しぶりにいい経験をさせていただいた。(作家・佐藤洋二郎)

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
1,944円(本体1,800円)
発刊日
2019年3月16日
ISBN
978-4-86265-733-6

そらあおぐ   そらあおぐ

岡田清隆

けんめいに愛をつらぬく乙女のお噺

「争いや謝罪、嫉妬、責任追及などしている暇はない。あるのは愛するための時間だけ。それも僅かな時間だ」(マーク・トウェイン)

「どんなに人生が困難にみえても必ずなにか出来ることがあるのです。あきらめさえしなければ」(スティーヴン・ホーキング)

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1,296円(本体1,200円)
岡田清隆
アートディレクター、イラストレーター、講師。
1955年6月5日生まれ。福岡県行橋市在住。「岡田工房」主宰。

九州産業大学デザイン科卒。
「芸術生活社」編集部在籍中、
1979年、第3回JPC賞奨励賞受賞。
1990年、郵政省ダイレクトメール賞、入選及び金賞受賞。
1991年、金賞作品が世界公募メールグラフィックスに選出。
1992〜著書9冊。 『少女伝説あき』『美葉と冬雪』(アートダイジェスト刊)『ペン画・恋する女たち』(近代文藝社刊)『美夜古野物語』(鳥影社刊)『ガラスのシュア』(新風舎刊)『キャラクター感得学』『豊の玉姫 みやこへ』『豊の玉姫御伽草子』『弟子と光量子』(以上鳥影社刊) 1997年〜講師。(専門学校・大学、高校にて)
発刊日
2019年3月16日
ISBN
978-4-86265-732-9

五島列島沖合に海没処分された潜水艦24艦の全貌   五島列島沖合に海没処分された潜水艦24艦の全貌

浦 環
(一社)ラ・プロンジェ深海工学会

重版出来
実物から受けるオーラは、記念碑から受けるオーラとは違う。実物を見よう!
サイドスキャンソナー、遠隔操縦の無人潜水機調査により、
五島列島沖合の海底に眠る旧日本海軍の潜水艦24艦の全貌が今、明らかになる。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
3,024円(本体2,800円)
浦 環(うら たまき)
1948年(昭和23年)生まれ。
一般社団法人ラ・プロンジェ深海工学会 代表理事(2017年1月より)
九州工業大学社会ロボット具現化センター 特別教授(2013年4月より)
東京大学名誉教授(2013年4月より)
1972年、東京大学工学部卒。同工学系大学院船舶工学専攻博士課程修了、工学博士。
東京大学生産技術研究所講師、助教授を経て1992年より教授。
自律型海中ロボットの研究開発を推進、「r2D4」や「Tuna-Sand」など、
海中工学や海洋科学に貢献する自律型海中ロボットを開発し調査活動をおこなう。
日本造船学会論文賞、日本機械学会技術賞、
IEEE/OES Distinguished Technical Achievement Awardなどを受賞。IEEE Fellow。
高等海難審判庁参審員や総合海洋政策本部参与などを勤め、
海事の安全や我が国の海洋政策に貢献。
主な著書に『海中ロボット総覧』、『大型タンカーの海難救助論』など。
発刊日
2019年2月27日
ISBN
978-4-86265-729-9

頼朝が幾何で造った都市・鎌倉   頼朝が幾何で造った都市・鎌倉

平井隆一

鶴岡八幡宮 鎌倉大仏の謎が解けた!
ひとりの工学博士の歴史家が7年の歳月をかけて理系の視点で描いた本格的な歴史書!

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1,612円(本体1,500円)
平井 隆一(ひらい りゅういち)
1941年中国の長春に生まれる。
1946年に帰国、以来鎌倉の現在地に居住する。小中学校を鎌倉で過ごし、1961年に京都大学工学部入学、大学院博士課程まで化学を学んだ。
石油化学会社、同関連会社役員を経て、国際協力機構(JICA)により日本・アルゼンチンの二国間環境関係プロジェクトに派遣され、3年間をブエノスアイレスで過ごす。
帰国後に末期手前の肺癌の手術を受けたが5年後に完治、以来鎌倉の歴史研究を本格的に始めた。またこの頃から自宅近くの明治の西洋館である長谷こども会館において鎌倉市の非常勤嘱託員(こども育成支援員)として6年間勤務した。
趣味は歴史、奇術、音楽(ドイツ歌曲・アルゼンチンタンゴ)、スポーツ(陸上競技)。
発刊日
2019年2月21日
ISBN
978-4-86265-730-5
〈改訂増補版〉詩に映るゲーテの生涯   〈改訂増補版〉
詩に映るゲーテの生涯

柴田 翔

華やぐ宮廷、突如、町を走り抜ける貧民の群れ。砲兵士官ナポレオンの権力把握、炎上する皇帝の都モスクワ。そのすべてを凝視する小国家ヴァイマルの宰相、詩人ゲーテ。
小説を書きつつ、半世紀を越えてゲーテを読みつづけてきた著者が描く、彼の詩の魅惑と謎。その生涯の豊かさ。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1,620円(本体1,500円)
柴田 翔(しばた しょう)
作家、ドイツ文学研究者。
1935(昭和10)年1月 東京生まれ。
武蔵高校から東京大学へ進学、工学部から転じて独文科卒。
1960(昭和35)年 東京大学大学院独文科修士修了、同大文学部助手。
1961(昭和36)年「親和力研究」で日本ゲーテ協会ゲーテ賞。
翌年より2年間、西ドイツ・フランクフルト大より奨学金を得て、留学。
1964(昭和39)年『されどわれらが日々─』で第51回芥川賞。
東大助手を辞し、西ベルリンなどに滞在。帰国後、都立大講師、助教授を経て
1969(昭和44)年4月 東京大学文学部助教授、のち教授。文学部長を務める。
1994(平成6)年3月 定年退官、名誉教授。4月、共立女子大学文芸学部教授。
2004(平成16)年3月 同上定年退職。
発刊日
2019年2月4日
ISBN
978-4-86265-726-8
乗っ取られた箱舟   乗っ取られた箱舟
アララト山をめぐるドラマ

森 和朗

古代からアルメニアの聖なる山であったアララト山
トルコの領土にされてジェノサイドを嘆くこともできない
国家なき民族の悲劇を描く

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1,728円(本体1,600円)
森 和朗(もり かずろう)
昭和12(1937)年、名古屋生まれ。
名古屋大学経済学部卒。
NHKで報道番組などを担当。国際局チーフ・ディレクター、日本大学芸術学部文芸学科講師などを経て、現在フリー。
著書としては、
『たそがれのキッチュ日本』(かや書房)、『マルクスと悪霊』(勁草書房)、『ドストエフスキー 闇からの啓示』(中央公論社)、『虚仮の島』(近代文芸社)、『仮象の迷界 』(D文学研究会)、『吸金鬼ドルキュラの断末魔』(本の風景社)、
『神と科学と無』『自我と仮象第I部』『自我と仮象第II部』『自我と仮象第III部』『自由の破局』『甦る自由の思想家 鈴木正三』『黄金を食う神』『漱石の黙示録『東西を繫ぐ白い道』(以上、鳥影社) などがある。
発刊日
2019年2月4日
ISBN
978-4-86265-728-2

あるドン・ファンの物語   あるドン・ファンの物語

鈴木今日子

若い頃から女性関係が多い主人公は、老いて妻を亡くした今なお、ふと知り合った若いシングルマザーに惹かれるが、彼女は……

意表をつく結末!
苦いユーモアをきかせて
老いの現実を見つめる表題作、他二編

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1,612円(本体1,500円)
鈴木 今日子(すずき きょうこ)
1933年三重県津市生まれ。
青山学院女子短期大学英文科卒業。
「詩と散文」元同人
「群獣」同人
著書:『鏡の世界へ行ったケンちゃん』(永田書房)
『水に流れる詩』(光陽出版社)
『星のない夜』(鳥影社)
発刊日
2019年2月4日
ISBN
978-4-86265-712-1

晩夏   晩夏

塚越淑行

一夏をすごすために初めて訪れた二人を見て、亜希は直感した、二人の間に流れ内向する何かがあると。……
母と子の強い絆と、反面にある生の儚さが胸を打つ表題作、他四作品の短編集。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1,612円(本体1,500円)
塚越 淑行(つかこし よしゆき)
栃木県足利市生まれ。
慶應義塾大学卒業。
著書:『緑の国の沙耶』(鳥影社、2017)
発刊日
2019年2月4日
ISBN
978-4-86265-711-4
海を見つめる画家たち(Ⅱ)   海を見つめる画家たち(Ⅱ)
—近現代日本洋画に捧げたその生涯—

大久保守

外房の小さな漁村に生まれ育った元公立美術館学芸員が、洋画家たちの波瀾に満ちた生涯を愛惜こめて語りかける。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
2,052円(本体1,900円)
大久保守(おおくぼ まもる)
昭和23年(1948)千葉県に生まれる。
昭和46年(1971)上智大学文学部新聞学科を卒業。
昭和48年(1973)千葉県教育委員会文化課に勤務。
昭和49年(1974)この年秋に開館した千葉県立美術館で学芸員として17年間勤務し、展覧会の企画・開催や作品収集にあたる。この間、房総の美術史に関連した画家や作品の研究に励む。
その後、千葉県内の県立博物館(上総博物館、房総のむら、中央博物館、中央博物館分館海の博物館)に研究員として勤務する。
平成24年(2012) 公務を定年退職。
近著には、『海を見つめる画家たち-近代日本洋画の青春を追って-』(平成18年、鳥影社)がある。
千葉県勝浦市に在住。
発刊日
2019年1月23日
ISBN
978-4-86265-704-6
彼らは生きていた —いま甦る室町~江戸絵画集—   彼らは生きていた
—いま甦る室町~江戸絵画集—

鷹見遊山

近年、誰の目にもふれることのなかった室町~江戸時代から今に生きた絵画群をここに収録!
すべてが葬り去られたかつての広島の地で彼もまた炎の中に消えていったものと信じられていた・・・・・・長い永い間。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
5,400円(本体5000円)
発刊日
2019年1月17日
ISBN
978-4-86265-722-0
東ドイツ映画 デーファと映画史   東ドイツ映画
デーファと映画史

ゼバスティアン・ハイドゥシュケ 著
山本佳樹 訳

本書は、東ドイツ映画の成立と変遷、映画製作の特殊性、他国の映画現象とのかかわり、具体的な作品の雰囲気や映画史的意義などについて、予備知識がなくても、一読すれば全体像がつかめるのが、そのなによりの魅力である。また、東西映画の交差点として、冷戦期における唯一の汎ヨーロッパ的映画現象であったかもしれない東ドイツ映画の存在の重要さを指摘するなど、コンパクトながら最適な案内書となっている。そして見るべき12本の長編映画作品の見どころが詳しく紹介され、近年急速に高まる東ドイツ映画の魅力に迫る。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
訳者略歴
2,376円(本体2,200円)
山本佳樹(やまもと・よしき)
1960年愛媛県生まれ。大阪大学大学院言語文化研究科教授。
著書:『論集トーマス・マン―その文学の再検討のために』クヴェレ会(共著、1990 年)、『映画とネイション』ミネルヴァ書房(共著、2010 年)、『映画のなかの社会/社会のなかの映画』ミネルヴァ書房、(共著、2011年)、『交錯する映画―アニメ・映画・文学』ミネルヴァ書房、(共著、2013年)、『映画とイデオロギー』ミネルヴァ書房(共著、2015年)など。
訳書:クラウス・クライマイアー『ウーファ物語―ある映画コンツェルンの歴史』鳥影社(共訳、2005年、ダウテンダイ゠フェーダー翻訳賞受賞)、ザビーネ・ハーケ『ドイツ映画』鳥影社(2010 年)、『デュレンマット戯曲集 第1巻』鳥影社(共訳、2012年)、『デュレンマット戯曲集 第2巻』鳥影社(共訳、2013年)など。
発刊日
2018年12月25日
ISBN
978-4-86265-723-7

香害(化学物質汚染)から身を守る   香害(化学物質汚染)から身を守る

古庄弘枝

「香り」は日本中を席巻し、よかれと思ってつけるその香りが、隣人を苦しめ、大気を汚染している。「香害」です。
香料の正体は、様々な溶剤を添加して作られた化学物質のかたまり。その化学物質が今、化学物質過敏症(MCS)を引き起こしています。
まずMCSとは何かを知り、MCSにならないため、させないために本書を役立ててほしい。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
540円(本体500円)
古庄弘枝(こしょう ひろえ)
大分県・国東半島生まれ。ノンフィクションライター。
著書に以下のものがある。
『スマホ汚染 新型複合汚染の真実!』(鳥影社)
『スマホ汚染(電磁放射線被曝)から赤ちゃん・子どもを守る』(鳥影社)
『携帯電話亡国論 携帯電話基地局の電磁波「健康」汚染』(藤原書店)
『あらかい健康キャンプ村 ─ 日本初、化学物質・電磁波過敏症避難施設の誕生』(新水社)
『見えない汚染「電磁波」から身を守る』(講談社 +α新書)
『沢田マンション物語 ─ 2人で作った夢の城』(講談社 +α文庫)
『モー革命 ─ 山地酪農で「無農薬牛乳」をつくる』(教育史料出版会)
『どくふれん(独身婦人連盟)─ 元祖「シングル」を生きた女たち』(ジュリアン)
『彼女はなぜ成功したのか』(はまの出版)
『就職できない時代の仕事の作り方』(はまの出版)
『「わたし」が選んだ 50 の仕事』(亜紀書房)
『女たちのロングライフ物語 老人ホームではなく大家族をつくる』(鳥影社)
発刊日
2018年12月19日
ISBN
978-4-86265-717-6
季刊文科76   季刊文科76

特集 行生誕九百年記念
対談 東西が出会う 竹本忠雄×松本徹

創作
くたかけ〈2〉 小池昌代
終戦 三咲光郎
〈文学忌・今昔〉太宰治忌 清水節治
文科(エッセイ)
牛を屠る仕事 佐川光晴
ある学校がつぶれた 中島たい子
万有権力 菊田 均
上海と月 田中亜美
「歌は世につれ、世は歌につれ」、かな? 三木原浩史
「文芸首都」が育てた作家たち 飯田 章
美術と藤枝静男 ─藤枝静男コレクション 青木鐵夫

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
1,620円(本体1,500円)
発刊日
2018年12月15日
ISBN
978-4-86265-721-3

昭和キッズ物語   昭和キッズ物語

藤あきら

宝物だったあのころ・・・
昭和の時代に子供だったすべての者たちへ
さぁ、愛おしい人たちに会いに行こう。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1,944円(本体1,800円)
藤 あきら(ふじ あきら)
1949年、新潟県直江津市(現・上越市)生まれ。法政大学第二法学部卒後、27歳のときに帰郷し、創刊された「日刊上越新聞」記者を経て、82年朝日新聞記者。鎌倉通信局長、郡山支局長、北埼玉支局長などを経て09年退職。上越支局勤務時代に朝日新聞新潟版に連載したコラムを大幅加筆した『親鸞 越後の風景』(考古堂書店 2011 第7回新潟出版文化賞優秀賞)、全共闘世代からのメッセージを込めた『悲しみをこめて突撃せよ』(同時代社 2013)がある。新潟親鸞学会会員。元・井上光晴文学伝習所「新潟文学」編集同人。
発刊日
2018年12月13日
ISBN
978-4-86265-720-6
ハイネを現代の視点から読む —断章・幻想破壊・食・女性   ハイネを現代の視点から読む
—断章・幻想破壊・食・女性

奈倉洋子

ハイネの眼差しは、常に自らが生きている時代の人々や事象に向けられ、現代という時代をとらえ、それと対峙していた。Ⅰ章の「ハイネ的ロマン主義」では、自らの恋の経験を客体化し、男女の関係を見据え、現代人の恋愛関係をさりげない形で詩にし、民衆的な文学形式を積極的に取り入れ、民衆とコミュニケーションをとろうとした姿勢、Ⅱ章では、従来のような調和的に完結した文学世界は、自分が生きている時代には合わないと考え、文章の書き方そのものを時代に見合ったものにしようと、Fragment形式を自分なりのものにし、開かれた文章スタイルを打ち立てたこと、Ⅲ章の「諷刺の手法」では、あたかも二十一世紀の現在に切り込んでいるかのようなアクチュアルな諷刺詩を書いたこと、Ⅴ章の「ハイネにおける食」では、深遠で高尚な哲学的思索的文学世界を誇る近代ドイツ文学に、日常世界そのものである食を持ち込んだことなどである。Ⅳ章のサロンの問題、またⅥ章の「ハイネと女性たち」によって、理想の女性(像)と本能的嗜好との乖離に見られるようなアンビヴァレントな傾向に焦点を当てる。
これらのことから見えてくるのは、人種、階級、国境など、いろいろな壁を乗り越え、閉ざされていた扉を開け放ち、さまざまなものを受け入れ、取り込みつつ、発信しようとした開かれた態度である。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
2,376円(本体2,200円)
奈倉洋子(なぐら・ようこ)
早稲田大学大学院博士課程修了。
京都教育大学名誉教授。
専門は、ドイツ文学・文化、比較文学・文化。
主要著書:『ドイツの民衆文化 ベンケルザング』(彩流社、1996年)
     『日本の近代化とグリム童話』(世界思想社、2005年)
     『グリムにおける魔女とユダヤ人─メルヒェン・伝説・神話』(鳥影社、2008年)
     『ハイネとその時代』(共著、朝日出版社、1977年)
     『ドイツ文化を担った女性たち』(共編著、鳥影社、2008年)
発刊日
2018年12月13日
ISBN
978-4-86265-706-0
リビア、はるかなり—妻への便り・58通   リビア、はるかなり
—妻への便り・58通

石津一成

これは、はるかなる愛の記録。
今は亡き妻が大切に保管していたリビアからの夫の手紙58通、
三十数年を経て、数々のエピソードと共に、いまここに甦る。
地中海を挟んで意外に近かった当時のヨーロッパ各国への出張・
旅行やイスラム圏の話も記されて読む人を飽きさせない。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
1,620円(本体1,500円)
発刊日
2018年12月7日
ISBN
978-4-86265-716-9
スウェーデン王カール十一世の幻視について   スウェーデン王カール十一世の幻視について
—奇譚迷宮の散策への誘い—

佐藤恵三

巷間で語りつづけられたこの謎めいた資料は事実なのか、またその真意は何であったのか、その問いに限りなく近づこうとする試み。
だが事はそんなに簡単ではない。なにしろ歴史的に実在した人物の体験物語でもあり、さらにはその体験が事実だったとの本人の署名までがなされている以上、そんなことが実際にあったかどうか、という問いに答える必要がある。偽作・偽書の疑問をもちながらも、この資料を残そうとした人間という生き物に迫る著者の推論は、読み手を新たな探索の道へといざなうのである。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
2,808円(本体2,600円)
佐藤恵三(さとう・けいぞう)
弘前市に生まれる、京都大学ドイツ語・ドイツ文学科修士課程修了。京都産業大学名誉教授。
主要著書:『ドイツ・オカルト事典』同学社。
主要訳書:H. H. エーヴェルス『蜘蛛・ミイラの花嫁』創土社(共訳)、G. マイリンク『緑の顔』創土社、H. H. エーヴェルス『魔法使いの弟子」創土社、G. マイリンク『西の窓の天使』上、下 国書刊行会(共訳)、H. v. クライスト『クライスト全集』第一巻〜第四巻(別巻)沖積舎、など。
発刊日
2018年12月5日
ISBN
978-4-86265-695-7
中国東北地方三〇〇〇キロ紀行   中国東北地方三〇〇〇キロ紀行
—旧満州慰霊の旅

土屋十圀

張鼓峰事件!旧ソ連赤軍との戦いから80年、日中平和友好条約から46年、初めて踏み入れた辺境の地。
北朝鮮・旧満州・ロシアの国境は北朝鮮のミサイル打ち上げの緊張が続く中、豆満江の三角地帯を行く。旧満鉄沿線と広大な松花江平原に今も眠る肉親への祈りの旅。今、真の日中友好と平和はどうすれば実現できるのか考える慰霊の旅でもある。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1,512円(本体1,400円)
土屋十圀(つちや みつくに)
フォークライター
1946年 長野県生まれ
中央大学大学院修士課程修了、東京都庁勤務 公立大学法人・前橋工科大学名誉教授、工学博士(東工大)、 土木学会フェロー会員 中央大学大学院兼任講師・芝浦工大非常勤講師他を歴任
著書:(共著含む)『中仙道追分茶屋物語』(かもがわ出版)『激化する水災害から学ぶ』(鹿島出版会)『環境水理学』(土木学会) 『都市の中に生きた水辺を』(信山社)『親水工学試論』(日本建築学会・信山社サイテック)『全世界の河川辞典』(丸善出版)他
発刊日
2018年12月3日
ISBN
978-4-86265-719-0
一五〇年前のIT革命: 岩倉使節団のニューメディア体験   一五〇年前のIT革命
岩倉使節団のニューメディア体験

松田裕之

「一身にして二生」を体験する現代人必読の一冊
AI時代を生き抜くヒントがここにある!

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1,674円(本体1,550円)
松田 裕之(まつだ ひろゆき)
昭和33(1958)年3月24日大阪市生。
神戸学院大学経営学部教授。ヒストリーライター。博士[商学]関西大学。
本務校で経営管理総論・労務管理論を講じながら、情報通信史や開港地の実業史に関する著書を執筆。
代表作:
『ATT労務管理史論 ― 「近代化」の事例研究 ― 』(ミネルヴァ書房)
『電話時代を拓いた女たち ― 交換手(オペレーター)のアメリカ史 ― 』
『明治電信電話(テレコム)ものがたり ― 情報通信社会の《原風景》 ― 』
『通信技手の歩いた近代』
『モールス電信士のアメリカ史 ― IT時代を拓いた技術者たち ― 』
『高島嘉右衛門 ― 横浜政商の実業史 ― 』(以上、日本経済評論社)
『ドレスを着た電信士マ・カイリー』
『格差・貧困・無縁がきた道 ― 米ベストセラー『ジャングル』への旅 ― 』
『草莽の湊 神戸に名を刻んだ加納宗七伝』(以上、朱鳥社)
『港都神戸を造った男 ― 《怪商》 関戸由義の生涯 ― 』(風詠社)
『物語 経営と労働のアメリカ史 ― 攻防の1世紀を読む ― 』(現代図書)
『ポケット図解 マックス・ウェーバーの経済史がよくわかる本』(秀和システム)
『連邦陸軍電信隊の南北戦争 ITが救ったアメリカの危機』(鳥影社)
発刊日
2018年11月27日
ISBN
978-4-86265-718-3
おいらん高尾 愛を抱いて死す   おいらん高尾
愛を抱いて死す

柚かおり

悲劇の運命を辿った高尾の生涯を描く表題作をはじめ、「黒猫」「或る青春の残像(福島)松川事件を通して」を収録した作品集。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1,188円(本体1,100円)
柚かおり(ゆず かおり)
昭和10(1935)年、東京都(旧)下谷区二長町に生まれる。 幼児期に小児マヒに罹り下肢に後遺症が残る。太平洋戦争末期の昭和20(1945)年3月、アメリカ軍の空爆で生家を焼失。台東中学校を卒業後、千代田区神田青果市場にて11年間事務員として勤務。傍ら都立白鷗高校夜間部を卒業。後に中央労働学院文芸科1期生となり、多くのプロレタリア作家や評論家の講義を受講する(麻布三の橋、法政大学内にあった)。昭和37〜38(1962〜1963)年にかけて、小児マヒ後遺症の改善のために整形手術を受け、9ヵ月に及んだため失職する。後、中小零細企業に就職するものの、三度倒産の憂き目にあい、さまざまな経験をする。昭和45年(1970)年、結婚し、夫と共に印刷会社「秀陽社」をたちあげる。平成4(1992)年、夫の死去に伴い「秀陽社」を閉社。「視点」「全作家」同人を経て「遠近」同人となる。
発刊日
2018年11月27日
ISBN
978-4-86265-709-1

心豊かに生きるための40のレシピ   ふわふわさんとチクチクさんのポケット心理学
心豊かに生きるための40のレシピ

小林雅美

ポケットに入るぐらい気楽な心理学誕生! !
人生を切り開く交流分析のすすめ!

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1,728円(本体1,600円)
小林雅美(こばやし・まさみ)
大阪府出身、慶應義塾大学文学部卒
元三菱商事株式会社
元日本航空株式会社国際線客室乗務員
元東京コミュニケーションアート専門学校講師
COSMOSコニュニケーション・代表
TA実践研究所・所長 http://ta-fuwafuwasan.com/
文教大学人間科学部・非常勤講師
日本交流分析学会・評議員 http://www.ja-ta.jp/
(特非)日本交流分析協会・交流分析士教授
(一社)日本産業カウンセラー協会・シニア産業カウンセラー http://www.counselor.or.jp/
ほか
発刊日
2018年11月9日
ISBN
978-4-86265-710-7

心に触れるホームページをつくる   心に触れるホームページをつくる

秋山典丈

従来の「ホームページ作成・SEO」本とは一線を画したコンテンツの書き方に焦点を当てた本。
対象はホームページ作成者であるが、特に企業に勤める販売促進担当、ホームページ作成担当、商品企画担当に向けて書かれている。
ホームページ作成初心者・入門者だけでなく、長年業務に携わってきた中級者、上級者にも対応しており、「ホームページを改良して」と上司に言われたときに誰でも参考になる。
「このページを読んでよかった」と思われるようなホームページの作り方について解説する。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1,728円(本体1,600円)
秋山 典丈(あきやま のりたけ)
東京工業大学大学院理工学研究科情報工学専攻修士課程修了。株式会社キーエンス入社。開発・販売促進・営業・商品企画を経て、2000年、製造業向け検索マッチングサイト「イプロス」を企画。キーエンス退社後、製造業向けマーケティング・販売促進コンサルティング会社として株式会社アプト創業。メール配信や営業支援システムを提供しつつ、ホームページ作成のアドバイスも行う。2018年、システム開発とホームページコンサルティング、メンテナンス、商品企画コンサルティングに特化した株式会社レクタスを創業。
発刊日
2018年11月9日
ISBN
978-4-86265-708-4
奇跡にそっと手を伸ばす   奇跡にそっと手を伸ばす

ドーリス・デリエ 著
小川さくえ 訳

親と子、男と女、あるいは既成の性といった問題を、今、この時代のなかで描くデリエ最高傑作。複数の語り手の声が渦巻く圧倒的迫力。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
2,430円(本体2,250円)
ドーリス・デリエ(Doris Dörrie)
1955年ハノーファー生まれ。作家、映画監督。
映画:『フクシマ、モナムール』(2016年)、『ハナミ』(2008年)、『モンゼン』(1999年)、『愛され作戦』(1995年)、『メン』(1985年)他多数。
邦訳:長篇小説『サンサーラ』(同学社、2016年)、短篇集『あたし、きれい?』(集英社、1997年)、短篇集『素敵な男性と知り合うには』(太陽出版、1992年)他。

小川さくえ(おがわ・さくえ)
1951年長崎県生まれ。専門はドイツ語圏の文学、ジェンダー論。
宮崎大学名誉教授。
著書:『オリエンタリズムとジェンダー~「蝶々夫人」の系譜』(法政大学出版局、2007年)
訳書:D. デリエ『サンサーラ』(同学社、2016年)、W. シヴェルブシュ『光と影のドラマトゥルギー』(法政大学出版局、1997年)、C. v. リンネ『神罰』(法政大学出版局、1995年)、W. レペニース『十八世紀の文人科学者たち』(法政大学出版局、1992年)、W. シヴェルブシュ『闇をひらく光』(法政大学出版局、1988年)他。
発刊日
2018年11月1日
ISBN
978-4-86265-702-2
HOME>新刊情報