文藝・学術出版鳥影社

本のご注文(送料無料)はこちら
新刊情報
HOME>新刊情報  

五島列島沖合に海没処分された潜水艦24艦の全貌   五島列島沖合に海没処分された潜水艦24艦の全貌

浦 環
(一社)ラ・プロンジェ深海工学会

実物から受けるオーラは、記念碑から受けるオーラとは違う。実物を見よう!
サイドスキャンソナー、遠隔操縦の無人潜水機調査により、
五島列島沖合の海底に眠る旧日本海軍の潜水艦24艦の全貌が今、明らかになる。

この本の詳細、目次

3月1日に書泉グランデで浦環先生のトーク&サイン会を開催いたします。
参加には書泉グランデで本書のご予約が必要です。
詳しくは下記をご覧ください。
https://www.shosen.co.jp/event/93146/

価格
著者略歴
3,024円(本体2,800円)
浦 環(うら たまき)
1948年(昭和23年)生まれ。
一般社団法人ラ・プロンジェ深海工学会 代表理事(2017年1月より)
九州工業大学社会ロボット具現化センター 特別教授(2013年4月より)
東京大学名誉教授(2013年4月より)
1972年、東京大学工学部卒。同工学系大学院船舶工学専攻博士課程修了、工学博士。
東京大学生産技術研究所講師、助教授を経て1992年より教授。
自律型海中ロボットの研究開発を推進、「r2D4」や「Tuna-Sand」など、
海中工学や海洋科学に貢献する自律型海中ロボットを開発し調査活動をおこなう。
日本造船学会論文賞、日本機械学会技術賞、
IEEE/OES Distinguished Technical Achievement Awardなどを受賞。IEEE Fellow。
高等海難審判庁参審員や総合海洋政策本部参与などを勤め、
海事の安全や我が国の海洋政策に貢献。
主な著書に『海中ロボット総覧』、『大型タンカーの海難救助論』など。
発刊日
2019年2月27日
ISBN
978-4-86265-729-9

あるドン・ファンの物語   頼朝が幾何で造った都市・鎌倉

平井隆一

鶴岡八幡宮 鎌倉大仏の謎が解けた!
ひとりの工学博士の歴史家が7年の歳月をかけて理系の視点で描いた本格的な歴史書!

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1,612円(本体1,500円)
平井 隆一(ひらい りゅういち)
1941年中国の長春に生まれる。
1946年に帰国、以来鎌倉の現在地に居住する。小中学校を鎌倉で過ごし、1961年に京都大学工学部入学、大学院博士課程まで化学を学んだ。
石油化学会社、同関連会社役員を経て、国際協力機構(JICA)により日本・アルゼンチンの二国間環境関係プロジェクトに派遣され、3年間をブエノスアイレスで過ごす。
帰国後に末期手前の肺癌の手術を受けたが5年後に完治、以来鎌倉の歴史研究を本格的に始めた。またこの頃から自宅近くの明治の西洋館である長谷こども会館において鎌倉市の非常勤嘱託員(こども育成支援員)として6年間勤務した。
趣味は歴史、奇術、音楽(ドイツ歌曲・アルゼンチンタンゴ)、スポーツ(陸上競技)。
発刊日
2019年2月21日
ISBN
978-4-86265-730-5
〈改訂増補版〉詩に映るゲーテの生涯   〈改訂増補版〉
詩に映るゲーテの生涯

柴田 翔

華やぐ宮廷、突如、町を走り抜ける貧民の群れ。砲兵士官ナポレオンの権力把握、炎上する皇帝の都モスクワ。そのすべてを凝視する小国家ヴァイマルの宰相、詩人ゲーテ。
小説を書きつつ、半世紀を越えてゲーテを読みつづけてきた著者が描く、彼の詩の魅惑と謎。その生涯の豊かさ。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1,620円(本体1,500円)
柴田 翔(しばた しょう)
作家、ドイツ文学研究者。
1935(昭和10)年1月 東京生まれ。
武蔵高校から東京大学へ進学、工学部から転じて独文科卒。
1960(昭和35)年 東京大学大学院独文科修士修了、同大文学部助手。
1961(昭和36)年「親和力研究」で日本ゲーテ協会ゲーテ賞。
翌年より2年間、西ドイツ・フランクフルト大より奨学金を得て、留学。
1964(昭和39)年『されどわれらが日々─』で第51回芥川賞。
東大助手を辞し、西ベルリンなどに滞在。帰国後、都立大講師、助教授を経て
1969(昭和44)年4月 東京大学文学部助教授、のち教授。文学部長を務める。
1994(平成6)年3月 定年退官、名誉教授。4月、共立女子大学文芸学部教授。
2004(平成16)年3月 同上定年退職。
発刊日
2019年2月4日
ISBN
978-4-86265-726-8
乗っ取られた箱舟   乗っ取られた箱舟
アララト山をめぐるドラマ

森 和朗

古代からアルメニアの聖なる山であったアララト山
トルコの領土にされてジェノサイドを嘆くこともできない
国家なき民族の悲劇を描く

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1,728円(本体1,600円)
森 和朗(もり かずろう)
昭和12(1937)年、名古屋生まれ。
名古屋大学経済学部卒。
NHKで報道番組などを担当。国際局チーフ・ディレクター、日本大学芸術学部文芸学科講師などを経て、現在フリー。
著書としては、
『たそがれのキッチュ日本』(かや書房)、『マルクスと悪霊』(勁草書房)、『ドストエフスキー 闇からの啓示』(中央公論社)、『虚仮の島』(近代文芸社)、『仮象の迷界 』(D文学研究会)、『吸金鬼ドルキュラの断末魔』(本の風景社)、
『神と科学と無』『自我と仮象第I部』『自我と仮象第II部』『自我と仮象第III部』『自由の破局』『甦る自由の思想家 鈴木正三』『黄金を食う神』『漱石の黙示録『東西を繫ぐ白い道』(以上、鳥影社) などがある。
発刊日
2019年2月4日
ISBN
978-4-86265-728-2

あるドン・ファンの物語   あるドン・ファンの物語

鈴木今日子

若い頃から女性関係が多い主人公は、老いて妻を亡くした今なお、ふと知り合った若いシングルマザーに惹かれるが、彼女は……

意表をつく結末!
苦いユーモアをきかせて
老いの現実を見つめる表題作、他二編

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1,612円(本体1,500円)
鈴木 今日子(すずき きょうこ)
1933年三重県津市生まれ。
青山学院女子短期大学英文科卒業。
「詩と散文」元同人
「群獣」同人
著書:『鏡の世界へ行ったケンちゃん』(永田書房)
『水に流れる詩』(光陽出版社)
『星のない夜』(鳥影社)
発刊日
2019年2月4日
ISBN
978-4-86265-712-1

晩夏   晩夏

塚越淑行

一夏をすごすために初めて訪れた二人を見て、亜希は直感した、二人の間に流れ内向する何かがあると。……
母と子の強い絆と、反面にある生の儚さが胸を打つ表題作、他四作品の短編集。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1,612円(本体1,500円)
塚越 淑行(つかこし よしゆき)
栃木県足利市生まれ。
慶應義塾大学卒業。
著書:『緑の国の沙耶』(鳥影社、2017)
発刊日
2019年2月4日
ISBN
978-4-86265-711-4
海を見つめる画家たち(Ⅱ)   海を見つめる画家たち(Ⅱ)
—近現代日本洋画に捧げたその生涯—

大久保守

外房の小さな漁村に生まれ育った元公立美術館学芸員が、洋画家たちの波瀾に満ちた生涯を愛惜こめて語りかける。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
2,052円(本体1,900円)
大久保守(おおくぼ まもる)
昭和23年(1948)千葉県に生まれる。
昭和46年(1971)上智大学文学部新聞学科を卒業。
昭和48年(1973)千葉県教育委員会文化課に勤務。
昭和49年(1974)この年秋に開館した千葉県立美術館で学芸員として17年間勤務し、展覧会の企画・開催や作品収集にあたる。この間、房総の美術史に関連した画家や作品の研究に励む。
その後、千葉県内の県立博物館(上総博物館、房総のむら、中央博物館、中央博物館分館海の博物館)に研究員として勤務する。
平成24年(2012) 公務を定年退職。
近著には、『海を見つめる画家たち-近代日本洋画の青春を追って-』(平成18年、鳥影社)がある。
千葉県勝浦市に在住。
発刊日
2019年1月23日
ISBN
978-4-86265-704-6
彼らは生きていた —いま甦る室町~江戸絵画集—   彼らは生きていた
—いま甦る室町~江戸絵画集—

鷹見遊山

近年、誰の目にもふれることのなかった室町~江戸時代から今に生きた絵画群をここに収録!
すべてが葬り去られたかつての広島の地で彼もまた炎の中に消えていったものと信じられていた・・・・・・長い永い間。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
5,400円(本体5000円)
発刊日
2019年1月17日
ISBN
978-4-86265-722-0
東ドイツ映画 デーファと映画史   東ドイツ映画
デーファと映画史

ゼバスティアン・ハイドゥシュケ 著
山本佳樹 訳

本書は、東ドイツ映画の成立と変遷、映画製作の特殊性、他国の映画現象とのかかわり、具体的な作品の雰囲気や映画史的意義などについて、予備知識がなくても、一読すれば全体像がつかめるのが、そのなによりの魅力である。また、東西映画の交差点として、冷戦期における唯一の汎ヨーロッパ的映画現象であったかもしれない東ドイツ映画の存在の重要さを指摘するなど、コンパクトながら最適な案内書となっている。そして見るべき12本の長編映画作品の見どころが詳しく紹介され、近年急速に高まる東ドイツ映画の魅力に迫る。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
訳者略歴
2,376円(本体2,200円)
山本佳樹(やまもと・よしき)
1960年愛媛県生まれ。大阪大学大学院言語文化研究科教授。
著書:『論集トーマス・マン―その文学の再検討のために』クヴェレ会(共著、1990 年)、『映画とネイション』ミネルヴァ書房(共著、2010 年)、『映画のなかの社会/社会のなかの映画』ミネルヴァ書房、(共著、2011年)、『交錯する映画―アニメ・映画・文学』ミネルヴァ書房、(共著、2013年)、『映画とイデオロギー』ミネルヴァ書房(共著、2015年)など。
訳書:クラウス・クライマイアー『ウーファ物語―ある映画コンツェルンの歴史』鳥影社(共訳、2005年、ダウテンダイ゠フェーダー翻訳賞受賞)、ザビーネ・ハーケ『ドイツ映画』鳥影社(2010 年)、『デュレンマット戯曲集 第1巻』鳥影社(共訳、2012年)、『デュレンマット戯曲集 第2巻』鳥影社(共訳、2013年)など。
発刊日
2018年12月25日
ISBN
978-4-86265-723-7

香害(化学物質汚染)から身を守る   香害(化学物質汚染)から身を守る

古庄弘枝

「香り」は日本中を席巻し、よかれと思ってつけるその香りが、隣人を苦しめ、大気を汚染している。「香害」です。
香料の正体は、様々な溶剤を添加して作られた化学物質のかたまり。その化学物質が今、化学物質過敏症(MCS)を引き起こしています。
まずMCSとは何かを知り、MCSにならないため、させないために本書を役立ててほしい。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
540円(本体500円)
古庄弘枝(こしょう ひろえ)
大分県・国東半島生まれ。ノンフィクションライター。
著書に以下のものがある。
『スマホ汚染 新型複合汚染の真実!』(鳥影社)
『スマホ汚染(電磁放射線被曝)から赤ちゃん・子どもを守る』(鳥影社)
『携帯電話亡国論 携帯電話基地局の電磁波「健康」汚染』(藤原書店)
『あらかい健康キャンプ村 ─ 日本初、化学物質・電磁波過敏症避難施設の誕生』(新水社)
『見えない汚染「電磁波」から身を守る』(講談社 +α新書)
『沢田マンション物語 ─ 2人で作った夢の城』(講談社 +α文庫)
『モー革命 ─ 山地酪農で「無農薬牛乳」をつくる』(教育史料出版会)
『どくふれん(独身婦人連盟)─ 元祖「シングル」を生きた女たち』(ジュリアン)
『彼女はなぜ成功したのか』(はまの出版)
『就職できない時代の仕事の作り方』(はまの出版)
『「わたし」が選んだ 50 の仕事』(亜紀書房)
『女たちのロングライフ物語 老人ホームではなく大家族をつくる』(鳥影社)
発刊日
2018年12月19日
ISBN
978-4-86265-717-6
季刊文科76   季刊文科76

特集 行生誕九百年記念
対談 東西が出会う 竹本忠雄×松本徹

創作
くたかけ〈2〉 小池昌代
終戦 三咲光郎
〈文学忌・今昔〉太宰治忌 清水節治
文科(エッセイ)
牛を屠る仕事 佐川光晴
ある学校がつぶれた 中島たい子
万有権力 菊田 均
上海と月 田中亜美
「歌は世につれ、世は歌につれ」、かな? 三木原浩史
「文芸首都」が育てた作家たち 飯田 章
美術と藤枝静男 ─藤枝静男コレクション 青木鐵夫

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
1,620円(本体1,500円)
発刊日
2018年12月15日
ISBN
978-4-86265-721-3

昭和キッズ物語   昭和キッズ物語

藤あきら

宝物だったあのころ・・・
昭和の時代に子供だったすべての者たちへ
さぁ、愛おしい人たちに会いに行こう。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1,944円(本体1,800円)
藤 あきら(ふじ あきら)
1949年、新潟県直江津市(現・上越市)生まれ。法政大学第二法学部卒後、27歳のときに帰郷し、創刊された「日刊上越新聞」記者を経て、82年朝日新聞記者。鎌倉通信局長、郡山支局長、北埼玉支局長などを経て09年退職。上越支局勤務時代に朝日新聞新潟版に連載したコラムを大幅加筆した『親鸞 越後の風景』(考古堂書店 2011 第7回新潟出版文化賞優秀賞)、全共闘世代からのメッセージを込めた『悲しみをこめて突撃せよ』(同時代社 2013)がある。新潟親鸞学会会員。元・井上光晴文学伝習所「新潟文学」編集同人。
発刊日
2018年12月13日
ISBN
978-4-86265-720-6
ハイネを現代の視点から読む —断章・幻想破壊・食・女性   ハイネを現代の視点から読む
—断章・幻想破壊・食・女性

奈倉洋子

ハイネの眼差しは、常に自らが生きている時代の人々や事象に向けられ、現代という時代をとらえ、それと対峙していた。Ⅰ章の「ハイネ的ロマン主義」では、自らの恋の経験を客体化し、男女の関係を見据え、現代人の恋愛関係をさりげない形で詩にし、民衆的な文学形式を積極的に取り入れ、民衆とコミュニケーションをとろうとした姿勢、Ⅱ章では、従来のような調和的に完結した文学世界は、自分が生きている時代には合わないと考え、文章の書き方そのものを時代に見合ったものにしようと、Fragment形式を自分なりのものにし、開かれた文章スタイルを打ち立てたこと、Ⅲ章の「諷刺の手法」では、あたかも二十一世紀の現在に切り込んでいるかのようなアクチュアルな諷刺詩を書いたこと、Ⅴ章の「ハイネにおける食」では、深遠で高尚な哲学的思索的文学世界を誇る近代ドイツ文学に、日常世界そのものである食を持ち込んだことなどである。Ⅳ章のサロンの問題、またⅥ章の「ハイネと女性たち」によって、理想の女性(像)と本能的嗜好との乖離に見られるようなアンビヴァレントな傾向に焦点を当てる。
これらのことから見えてくるのは、人種、階級、国境など、いろいろな壁を乗り越え、閉ざされていた扉を開け放ち、さまざまなものを受け入れ、取り込みつつ、発信しようとした開かれた態度である。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
2,376円(本体2,200円)
奈倉洋子(なぐら・ようこ)
早稲田大学大学院博士課程修了。
京都教育大学名誉教授。
専門は、ドイツ文学・文化、比較文学・文化。
主要著書:『ドイツの民衆文化 ベンケルザング』(彩流社、1996年)
     『日本の近代化とグリム童話』(世界思想社、2005年)
     『グリムにおける魔女とユダヤ人─メルヒェン・伝説・神話』(鳥影社、2008年)
     『ハイネとその時代』(共著、朝日出版社、1977年)
     『ドイツ文化を担った女性たち』(共編著、鳥影社、2008年)
発刊日
2018年12月13日
ISBN
978-4-86265-706-0
リビア、はるかなり—妻への便り・58通   リビア、はるかなり
—妻への便り・58通

石津一成

これは、はるかなる愛の記録。
今は亡き妻が大切に保管していたリビアからの夫の手紙58通、
三十数年を経て、数々のエピソードと共に、いまここに甦る。
地中海を挟んで意外に近かった当時のヨーロッパ各国への出張・
旅行やイスラム圏の話も記されて読む人を飽きさせない。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
1,620円(本体1,500円)
発刊日
2018年12月7日
ISBN
978-4-86265-716-9
スウェーデン王カール十一世の幻視について   スウェーデン王カール十一世の幻視について
—奇譚迷宮の散策への誘い—

佐藤恵三

巷間で語りつづけられたこの謎めいた資料は事実なのか、またその真意は何であったのか、その問いに限りなく近づこうとする試み。
だが事はそんなに簡単ではない。なにしろ歴史的に実在した人物の体験物語でもあり、さらにはその体験が事実だったとの本人の署名までがなされている以上、そんなことが実際にあったかどうか、という問いに答える必要がある。偽作・偽書の疑問をもちながらも、この資料を残そうとした人間という生き物に迫る著者の推論は、読み手を新たな探索の道へといざなうのである。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
2,808円(本体2,600円)
佐藤恵三(さとう・けいぞう)
弘前市に生まれる、京都大学ドイツ語・ドイツ文学科修士課程修了。京都産業大学名誉教授。
主要著書:『ドイツ・オカルト事典』同学社。
主要訳書:H. H. エーヴェルス『蜘蛛・ミイラの花嫁』創土社(共訳)、G. マイリンク『緑の顔』創土社、H. H. エーヴェルス『魔法使いの弟子」創土社、G. マイリンク『西の窓の天使』上、下 国書刊行会(共訳)、H. v. クライスト『クライスト全集』第一巻〜第四巻(別巻)沖積舎、など。
発刊日
2018年12月5日
ISBN
978-4-86265-695-7
中国東北地方三〇〇〇キロ紀行   中国東北地方三〇〇〇キロ紀行
—旧満州慰霊の旅

土屋十圀

張鼓峰事件!旧ソ連赤軍との戦いから80年、日中平和友好条約から46年、初めて踏み入れた辺境の地。
北朝鮮・旧満州・ロシアの国境は北朝鮮のミサイル打ち上げの緊張が続く中、豆満江の三角地帯を行く。旧満鉄沿線と広大な松花江平原に今も眠る肉親への祈りの旅。今、真の日中友好と平和はどうすれば実現できるのか考える慰霊の旅でもある。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1,512円(本体1,400円)
土屋十圀(つちや みつくに)
フォークライター
1946年 長野県生まれ
中央大学大学院修士課程修了、東京都庁勤務 公立大学法人・前橋工科大学名誉教授、工学博士(東工大)、 土木学会フェロー会員 中央大学大学院兼任講師・芝浦工大非常勤講師他を歴任
著書:(共著含む)『中仙道追分茶屋物語』(かもがわ出版)『激化する水災害から学ぶ』(鹿島出版会)『環境水理学』(土木学会) 『都市の中に生きた水辺を』(信山社)『親水工学試論』(日本建築学会・信山社サイテック)『全世界の河川辞典』(丸善出版)他
発刊日
2018年12月3日
ISBN
978-4-86265-719-0
一五〇年前のIT革命: 岩倉使節団のニューメディア体験   一五〇年前のIT革命
岩倉使節団のニューメディア体験

松田裕之

「一身にして二生」を体験する現代人必読の一冊
AI時代を生き抜くヒントがここにある!

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1,674円(本体1,550円)
松田 裕之(まつだ ひろゆき)
昭和33(1958)年3月24日大阪市生。
神戸学院大学経営学部教授。ヒストリーライター。博士[商学]関西大学。
本務校で経営管理総論・労務管理論を講じながら、情報通信史や開港地の実業史に関する著書を執筆。
代表作:
『ATT労務管理史論 ― 「近代化」の事例研究 ― 』(ミネルヴァ書房)
『電話時代を拓いた女たち ― 交換手(オペレーター)のアメリカ史 ― 』
『明治電信電話(テレコム)ものがたり ― 情報通信社会の《原風景》 ― 』
『通信技手の歩いた近代』
『モールス電信士のアメリカ史 ― IT時代を拓いた技術者たち ― 』
『高島嘉右衛門 ― 横浜政商の実業史 ― 』(以上、日本経済評論社)
『ドレスを着た電信士マ・カイリー』
『格差・貧困・無縁がきた道 ― 米ベストセラー『ジャングル』への旅 ― 』
『草莽の湊 神戸に名を刻んだ加納宗七伝』(以上、朱鳥社)
『港都神戸を造った男 ― 《怪商》 関戸由義の生涯 ― 』(風詠社)
『物語 経営と労働のアメリカ史 ― 攻防の1世紀を読む ― 』(現代図書)
『ポケット図解 マックス・ウェーバーの経済史がよくわかる本』(秀和システム)
『連邦陸軍電信隊の南北戦争 ITが救ったアメリカの危機』(鳥影社)
発刊日
2018年11月27日
ISBN
978-4-86265-718-3
おいらん高尾 愛を抱いて死す   おいらん高尾
愛を抱いて死す

柚かおり

悲劇の運命を辿った高尾の生涯を描く表題作をはじめ、「黒猫」「或る青春の残像(福島)松川事件を通して」を収録した作品集。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1,188円(本体1,100円)
柚かおり(ゆず かおり)
昭和10(1935)年、東京都(旧)下谷区二長町に生まれる。 幼児期に小児マヒに罹り下肢に後遺症が残る。太平洋戦争末期の昭和20(1945)年3月、アメリカ軍の空爆で生家を焼失。台東中学校を卒業後、千代田区神田青果市場にて11年間事務員として勤務。傍ら都立白鷗高校夜間部を卒業。後に中央労働学院文芸科1期生となり、多くのプロレタリア作家や評論家の講義を受講する(麻布三の橋、法政大学内にあった)。昭和37〜38(1962〜1963)年にかけて、小児マヒ後遺症の改善のために整形手術を受け、9ヵ月に及んだため失職する。後、中小零細企業に就職するものの、三度倒産の憂き目にあい、さまざまな経験をする。昭和45年(1970)年、結婚し、夫と共に印刷会社「秀陽社」をたちあげる。平成4(1992)年、夫の死去に伴い「秀陽社」を閉社。「視点」「全作家」同人を経て「遠近」同人となる。
発刊日
2018年11月27日
ISBN
978-4-86265-709-1

心豊かに生きるための40のレシピ   ふわふわさんとチクチクさんのポケット心理学
心豊かに生きるための40のレシピ

小林雅美

ポケットに入るぐらい気楽な心理学誕生! !
人生を切り開く交流分析のすすめ!

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1,728円(本体1,600円)
小林雅美(こばやし・まさみ)
大阪府出身、慶應義塾大学文学部卒
元三菱商事株式会社
元日本航空株式会社国際線客室乗務員
元東京コミュニケーションアート専門学校講師
COSMOSコニュニケーション・代表
TA実践研究所・所長 http://ta-fuwafuwasan.com/
文教大学人間科学部・非常勤講師
日本交流分析学会・評議員 http://www.ja-ta.jp/
(特非)日本交流分析協会・交流分析士教授
(一社)日本産業カウンセラー協会・シニア産業カウンセラー http://www.counselor.or.jp/
ほか
発刊日
2018年11月9日
ISBN
978-4-86265-710-7

心に触れるホームページをつくる   心に触れるホームページをつくる

秋山典丈

従来の「ホームページ作成・SEO」本とは一線を画したコンテンツの書き方に焦点を当てた本。
対象はホームページ作成者であるが、特に企業に勤める販売促進担当、ホームページ作成担当、商品企画担当に向けて書かれている。
ホームページ作成初心者・入門者だけでなく、長年業務に携わってきた中級者、上級者にも対応しており、「ホームページを改良して」と上司に言われたときに誰でも参考になる。
「このページを読んでよかった」と思われるようなホームページの作り方について解説する。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1,728円(本体1,600円)
秋山 典丈(あきやま のりたけ)
東京工業大学大学院理工学研究科情報工学専攻修士課程修了。株式会社キーエンス入社。開発・販売促進・営業・商品企画を経て、2000年、製造業向け検索マッチングサイト「イプロス」を企画。キーエンス退社後、製造業向けマーケティング・販売促進コンサルティング会社として株式会社アプト創業。メール配信や営業支援システムを提供しつつ、ホームページ作成のアドバイスも行う。2018年、システム開発とホームページコンサルティング、メンテナンス、商品企画コンサルティングに特化した株式会社レクタスを創業。
発刊日
2018年11月9日
ISBN
978-4-86265-708-4
奇跡にそっと手を伸ばす   奇跡にそっと手を伸ばす

ドーリス・デリエ 著
小川さくえ 訳

親と子、男と女、あるいは既成の性といった問題を、今、この時代のなかで描くデリエ最高傑作。複数の語り手の声が渦巻く圧倒的迫力。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
2,430円(本体2,250円)
ドーリス・デリエ(Doris Dörrie)
1955年ハノーファー生まれ。作家、映画監督。
映画:『フクシマ、モナムール』(2016年)、『ハナミ』(2008年)、『モンゼン』(1999年)、『愛され作戦』(1995年)、『メン』(1985年)他多数。
邦訳:長篇小説『サンサーラ』(同学社、2016年)、短篇集『あたし、きれい?』(集英社、1997年)、短篇集『素敵な男性と知り合うには』(太陽出版、1992年)他。

小川さくえ(おがわ・さくえ)
1951年長崎県生まれ。専門はドイツ語圏の文学、ジェンダー論。
宮崎大学名誉教授。
著書:『オリエンタリズムとジェンダー~「蝶々夫人」の系譜』(法政大学出版局、2007年)
訳書:D. デリエ『サンサーラ』(同学社、2016年)、W. シヴェルブシュ『光と影のドラマトゥルギー』(法政大学出版局、1997年)、C. v. リンネ『神罰』(法政大学出版局、1995年)、W. レペニース『十八世紀の文人科学者たち』(法政大学出版局、1992年)、W. シヴェルブシュ『闇をひらく光』(法政大学出版局、1988年)他。
発刊日
2018年11月1日
ISBN
978-4-86265-702-2
とうのみね   とうのみね

紺谷 猛

生きてゆく日常の喜び悲しみを描いて、読む人の心を捉え魅了する短編群

中日新聞で紹介

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1,512円(本体1,400円)
紺谷 猛(こんたに たけし)
昭和8年 石川県生まれ
金沢大学工学部卒 三菱化成およびグループ会社勤務
退任後 日本大学文理学部国文学専攻(通信課程)卒
日本大学通信教育部指導員
その後 放送大学大学院文化科学研究科修了 修士(学術)
平成11年 三重県文学新人賞(小説部門)受賞
平成30年 三重県文化奨励賞受賞
『海』 同人 三重県桑名市在住
著書 『礫の記憶』『海岸給油所』『掌子愛別』『虹の橋』(以上 短編小説集)
『生還 ─ 闘病の長編エッセイ』
発刊日
2018年10月23日
ISBN
978-4-86265-707-7
三つの国の物語   三つの国の物語
トーマス・マンと日本人

山口知三

1920年代から1930年代にかけてのトーマス・マンの受容の様態を、ドイツ、アメリカのそれと比べながら、トーマス・マンの実像との日本における落差を、真正面から、深く、徹底的に論じる。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
2,970円(本体2,750円)
山口知三(やまぐち・ともぞう)
1936年鹿児島県に生まれ。京都大学文学部教授を経て、現在、同大学名誉教授。
著書:『ナチス通りの出版社─ドイツの出版人と作家たち』(共著、人文書院 1989)、『ドイツを追われた人びと─反ナチス亡命者の系譜』(人文書院 1991)、『廃墟をさまよう人びと─戦後ドイツの知的原風景』(人文書院 1996)、 『アメリカいう名のファンタジー─近代ドイツ文学とアメリカ』(鳥影社 2006)など。
訳書:トーマス・マン『非政治的人間の考察』(共訳、筑摩書房 1968-71)、カーチャ・マン『夫トーマス・マンの思い出』(筑摩書房 1975)その他。
発刊日
2018年10月10日
ISBN
978-4-86265-701-5
わたしのハートブレイク・ストーリーと11の殺人   わたしのハートブレイク・ストーリーと11の殺人
—殺しちゃう。愛しているから

ミレーナ・モーザー 著
大串紀代子 訳

華麗なる殺人と美しき失恋のなかに潜むものは何か?
誰だって、愛しているから殺したいという内奥の囁きに突き動かされることがある。自ずと生れでるユーモアと生命力溢れるミレーナ・モーザー短編集。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1,620円(本体1,500円)
ミレーナ・モーザー(Milena Moser)
1963年スイスのチューリヒ生まれ。作家。
『だらだらヨガ』(2006年)、『本当の人生』(2013年)、『幸せはいつも別の顔』(2015年)、『青い山脈の背後』(2017年)など著書多数。

大串紀代子(おおぐし・きよこ)
ドイツ語圏近・現代文学、文化人類学専攻。
獨協大学名誉教授。
論文:「スイスの民間習俗」(『段丘』18号、英報企画、2015年)、「カール・シュピッテラー」(『段丘』19号、英報企画、2016年)他。
著訳書:『スイスの歴史』(共訳、明石書店、2010年)、『小さな国の多様な世界』(共著、鳥影社、2017年)他。
発刊日
2018年10月10日
ISBN
978-4-86265-699-5
『新文体作法』序説   『新文体作法』序説
─ゴーゴリ『肖像画』を例に─

齋藤紘一

日本語で自らの考えを相手に明確に伝えるためにはどうすればいいのか、 A I 時代の今、そのことに悩む人は少なくない。本書は概念「ある」 をもとに日本語の成り立ちを解明する驚くべき文法書。ロシア文学翻訳家でもある筆者の手により、今、ゴーゴリを新文体で読むことが可能に!

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1,944円(本体1,800円)
齋藤紘一(さいとう・こういち)
1943年、群馬県生まれ。
東京大学理学部化学科卒。
通産省入省後、課長・審議官を務める。
1993年退官後、ISO(国際標準化機構)日本代表委員、
独立行政法人理事長等をへて現在、翻訳家。
訳 書:
フョードル・ソログープ『小悪魔』(文芸社、2005年)、ボリス・ワジモヴィチ・ソコロフ『スターリンと芸術家たち』(鳥影社、2007年)、ワシーリー・グロスマン『人生と運命』(全3巻、みすず書房、2012年)日本翻訳文化賞受賞、『万物は流転する』(みすず書房、2013年)、『システィーナの聖母』(後期作品集、みすず書房、2015年)
発刊日
2018年10月8日
ISBN
978-4-86265-705-3
ディアスポラ、高麗への道   ディアスポラ、高麗への道

岩下壽之

若光(じゃっこう)よ、霧の七国峠を越えろ。新たな高麗(こま)の里がそこにある。
高麗王 若光は果たしてモーゼたり得たか。
“ディアスポラ”を軸に、古代と現代、夢と現実を交錯させ、歴史と「私」をつなぐ運命の糸を明かした異色の私小説風歴史小説。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1,944円(本体1,800円)
岩下 壽之(いわした としゆき)
1939(昭和 14)年、大阪府豊中市生まれ。
幼年期を中国・大連市で、少年期を長野県佐久市で送る。
東京教育大学(現・筑波大学)文学部卒。
都立高校教員を経て、 2000(平成 12)年から5年間、中国の大学で日本語教師を務める。
東京都八王子市在住。
著書:
ノンフィクション『大連だより― 昭和十六~十八年・母の手紙』(1995 年、新風舎)、 『大連・桃源台の家― 昭和十九~二十年』(1997 年、新風舎)、 『大連を遠く離れて― 昭和二十一~二十三年』(1998 年、新風舎)以上の〈大連三部作〉で「第17回山室静 佐久文化賞」を受賞。
小説〈遣唐使三部作〉『井真成、長安に死す』(2010 年、鳥影社)、 『円載、海に没す』(2013 年、鳥影社)、 『定恵、百済人に毒殺さる』(2015 年、鳥影社)
発刊日
2018年9月19日
ISBN
978-4-86265-696-4
本当の仏教   本当の仏教

高田裕一

「空」の教えとは?
現代によみがえる「空」の教え
大乗仏教の核心をなす中論を科学時代のただなかで読み解く。大病を患った著者は中論を徹底的に読むことで大いなる救いを得た。難解な「空」の思想を現代によみがえらせ、詳細平易に伝える希有の一冊。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1,728円(本体1,600円)
高田裕一(たかだ・ゆういち)
大阪府に生まれる。
1969年、東北大学理学部化学科卒業。
日本化学会、American Chemical Society会員。
書家: 古久保泰石、小説家: 井上光晴に師事。
音響メーカー技術部長としてCDプレーヤーUSA特許取得(US005373495A)し、USA最高級オーディオ協会優秀技術賞にノミネートされる。
現在、東京都に在住し、研究・執筆活動に専念。
「脳波の評価方法及び評価装置」特許出願審査請求中(特願2018-78287)。
著書『しあわせ日記』(論創社)『本当の酒』(長崎出版)『六本木GENJI陽香留』(論創社)『末期ガンからの生還』(ラピュータ)などがある。
発刊日
2018年9月13日
ISBN
978-4-86265-703-9
日興門流と創価学会   日興門流と創価学会

須田晴夫

日蓮の後継者日興から創価学会に至る思想史を概観。
相伝書「本因妙抄」「百六箇抄」の全文を読解。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
4,104円(本体3,800円)
須田晴夫(すだ はるお)
1952年2月、東京生まれ。
1977年3月、東京大学法学部卒業。
2012年2月、新聞社定年退職。
論 文:「西田哲学と『中道』の論理」
    「神の変貌」、その他
著 書:『新 法華経論 現代語訳と各品解説』(ラピュータ)
   :『新版 日蓮の思想と生涯』(鳥影社)
発刊日
2018年9月5日
ISBN
978-4-86265-687-2
モリエール傑作戯曲選集2   モリエール傑作戯曲選集2

モリエール 著
柴田耕太郎 訳

新訳で知る面白さ
長年、映像・舞台・出版・産業など数々の翻訳を手がけてきた訳者が挑んだ、古典戯曲の名作。
現代の読者に分かりやすく、また上演用の台本としても考え抜かれた、画期的新訳の完成。
——ドン・ジュアン、才女気どり、嫌々ながら医者にされ、人間嫌い

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
訳者略歴
3,024円(本体2,800円)
柴田耕太郎(しばた・こうたろう)
少年時代は子役。早稲田大学仏文専修卒。
出版社勤務、新聞配達、塾教師、児童劇演出助手、声優、大手劇団文芸部、など
転々とするも演劇で食えず翻訳業界へ。
翻訳実践者、翻訳経営者を経て、翻訳教育者、(株)アイディ会長。
著書として『翻訳家になろう』(青弓社)、『英文翻訳テクニック』(ちくま新書)、『翻訳力錬成テキストブック』(日外アソシエーツ)、訳書として『ブレヒト』(現代書館)、『ジャズ・ヴォーカルの発生』(東亜音楽社)、『現代フランス演劇傑作選』(演劇出版社)、『モリエール傑作戯曲選集1』(鳥影社)など
発刊日
2018年9月2日
ISBN
978-4-86265-700-8
ドリーム・マシーン   ドリーム・マシーン
悪名高きV–22オスプレイの知られざる歴史

リチャード ウィッテル 著
影本賢治 訳

オスプレイの秘密を解く!
これを読まずにV-22オスプレイは語れない!
陸上自衛隊用のオスプレイの配備を目前に控え、知っておくべき歴史的事実

航空情報で紹介

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
訳者略歴
3,456円(本体3,200円)
影本賢治(かげもと けんじ)
陸上自衛隊航空科職種の整備幹部として、米陸軍機関誌の翻訳、オスプレイの装備化などに関わる業務に従事。
退職後は、ウェブサイト「AVIATION ASSETS(アビエーション・アセット)」を運営し、米軍機関誌の翻訳記事などを掲載中。
北海道旭川市在住。
発刊日
2018年9月2日
ISBN
978-4-86265-686-5
2018改訂 黄金の星(ツァラトゥストラ)はこう語った   2018改訂 黄金の星(ツァラトゥストラ)はこう語った

ニーチェ 著
小山修一 訳

詩人ニーチェの真意、健やかな喜びを伝える画期的全訳
ニーチェの真意に最も近い全訳
『ツァラトゥストラ』は訳(わけ)の解らぬ本だとよく言われる。然し、本当は訳の解らぬ本にされてきたのではないだろうか。抑(そもそも)、この本の健やかな喜びは、軍国主義にとって真(まこと)に都合が悪かった。だから「没落」を乱用して、その喜びを葬り去ろうとした。ここに既に嘘がある。一つの嘘は二十の嘘を呼ぶ。すると全体の辻褄が合わなくなる。訳の解らぬ本にならないわけがないのだ。
訳の解る本にしたいなら、大本の一つの嘘と二十の嘘を正さねばならぬ。誰がそこまでやっただろうか? ともあれ、漸くニーチェの真意に最も近い全訳が生まれた。2018改訂『黄金の星(ツァラトゥストラ)はこう語った』を謹んで次の世代に捧げたい!(訳者)

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
訳者略歴
3,024円(本体2,800円)
小山修一(こやま・しゅういち、本名・今井修一)
1948年 福岡県生まれ。
中央大学大学院文学研究科独文専攻博士後期課程修了。
1989年4月から2012年3月まで石巻専修大学経営学部准教授。
元『文芸東北』同人
著書:詩集『黄金のひみつ』(鳥影社 2001)、詩集『韓国の星、李秀賢君に捧ぐ』(文芸東北新社 2008)、『「ツァラトゥストラ」入門』(郁文堂 2005)、『ニーチェ「ツァラトゥストラ」を少し深読みするための十五章』(鳥影社 2013)、 『根本思想を骨抜きにした「ツァラトゥストラ」翻訳史─並びに、それに関わる日本近代文学』(鳥影社 2018)
訳書:『ツァラトゥストラ』上(鳥影社 2002)、『ツァラトゥストラ』下( 鳥影社 2003)、『黄金の星はこう語った』上(鳥影社 2011)、『黄金の星はこう語った』下(鳥影社 2011)※訳書の原典は、いずれもAlso Sprach Zarathustra
発刊日
2018年8月21日
ISBN
978-4-86265-694-0
根本思想を骨抜きにした『ツァラトゥストラ』翻訳史 並びに、それに関わる日本近代文学   根本思想を骨抜きにした『ツァラトゥストラ』翻訳史 並びに、それに関わる日本近代文学

小山修一

ニーチェの命の翻訳はー日本近代文学の死角
『ツァラトゥストラ』の目的は、読者に健やかな喜びを極めさせることにある。だが「没落」という言葉の意図的な乱用によって、その根本思想は骨抜きにされてきた。その換骨奪胎の歴史を辿ってみると、復古の闇が見えてくる。
序章から二章は背景。三章は本論! 四章から六章は再び背景、或いは樗牛オールドファンへの贈物。七章の「漱石と長江」は斬新そのもの、日本近代文学の最大の死角を抉り出しているのではないか。八章から十章は本丸本論!! とにかく、鴎外や啄木をはじめ、平塚らいてう、更には原節子に到るまで興味津津のテーマが満載!

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
2,160円(本体2,000円)
小山修一(こやま・しゅういち、本名・今井修一)
1948年 福岡県生まれ。
中央大学大学院文学研究科独文専攻博士後期課程修了。
1989年4月から2012年3月まで石巻専修大学経営学部准教授。
元『文芸東北』同人
著書:詩集『黄金のひみつ』(鳥影社 2001)、詩集『韓国の星、李秀賢君に捧ぐ』(文芸東北新社 2008)、『「ツァラトゥストラ」入門』(郁文堂 2005)、『ニーチェ「ツァラトゥストラ」を少し深読みするための十五章』(鳥影社 2013)、 『根本思想を骨抜きにした「ツァラトゥストラ」翻訳史─並びに、それに関わる日本近代文学』(鳥影社 2018)
訳書:『ツァラトゥストラ』上(鳥影社 2002)、『ツァラトゥストラ』下( 鳥影社 2003)、『黄金の星はこう語った』上(鳥影社 2011)、『黄金の星はこう語った』下(鳥影社 2011)、『2018改訂 黄金の星はこう語った」(鳥影社 2018)※訳書の原典は、いずれもAlso Sprach Zarathustra
発刊日
2018年8月15日
ISBN
978-4-86265-698-8
季刊文科75   季刊文科75

特集 吉村萬壱 グロテスクの力と根っこ
対談 吉村萬壱×勝又浩
「正しさ」の根拠 ─吉村萬壱試論 横尾和博
「人間」の描き方 佐々木義登
恐怖する想像 ─吉村萬壱小論 伊藤氏貴
新発見
益田勝実 小説「復員船」
解説 岡田清子
創作
くたかけ 小池昌代(新連載)
紙 世 界 吉村萬壱
メガミ ─「私」についての考察Ⅱ─ 三咲光郎
新連載
〈文学忌・今昔〉太宰治忌 清水節治
文科(エッセイ)
マイケル・ロングリーの戦争詩 中西 進
明治七十年代論 新保祐司
兎追いし 清水眞澄
人間の変化について 菊田 均
発掘乙女の告白 相良敦子

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
1,620円(本体1,500円)
発刊日
2018年8月15日
ISBN
978-4-86265-697-1
HOME>新刊情報