文藝・学術出版鳥影社

本のご注文(千円以上のご注文で送料無料)はこちら
新刊情報
HOME>新刊情報  

渋沢栄一と社会事業 社会福祉の道を拓いた「養育院」樹立の半生   渋沢栄一と社会事業 社会福祉の道を拓いた「養育院」樹立の半生

武井 優

「近代日本経済の父」の知られざる人間像
「社会事業家」としての素顔がここに甦る
生活困窮者に手をさしのべた養育院事業は現代における社会福祉の源泉といえる。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1980円(税込)
武井 優(たけい ゆう)。ノンフィクション・ライター 
高知県生まれ。新聞社嘱託記者、雑誌記者を経たのちルポライターに。不登校・家庭内暴力・自殺・虐待・実親に育てられない子ども等の「社会問題」を中心に教育・児童福祉・家庭の現場を歩く。新聞、週刊誌、雑誌に子どもの殺害事件などを執筆。編集プロダクション(有)オフイスダンを設立。当社を基盤に子どもの問題をテーマにしたフォーラム『ファムケーション』を主宰。「第七回ファムケーション」ではオランダ日系二世を招いて「命をありがとう」のテーマで、戦争中インドネシアにおいて現地女性と日本の軍人・軍属との間に産まれた子どもたち、現在六〇代になった方々の「父親捜し」の辛い胸中を訴えた。著書に『子どもの心とどう向き合うか』(徳間書店)『他人が子どもを育てるとき』(かもがわ出版)、『龍馬の姪岡上菊栄』『おばあちゃんはここぞね』(鳥影社)、『オランダからの白い依頼状』(現代書館)等多数。
発刊日
2021年12月16日
ISBN
978-4-86265-933-0

サーカスからにげたクマ、グラシャ   サーカスからにげたクマ、グラシャ

バーバラ・バステッター・フォーク 絵と文
佐々木賀世子 訳

モスクワのサーカス団のオリから逃げたクマが、自転車でシベリアに向かったとの新聞記事から着想をえて、著者は、この絵本を生み出しました。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1980円(税込)
バーバラ・バステッター・フォーク(Barbara Bustetter Falk)
カリフォルニア州ハリウッド生まれ、アリゾナ州タクソン在住の絵本作家・イラストレーター。1975 年、「アメリカ芸術・文学アカデミー(AmericanAcademy and National Institute of Arts and Letters Work)」の優秀賞を受賞。絵本作品に『Don't Park on the Roof(2007 年)』『Gardener Pig(2008 年)』などがあり、スミソニアン博物館(米国/ ワシントンD.C.)、アメリカン博物館(英国、バース)、国際素朴派芸術美術館(フランス、ニース)にも収蔵されている。絵本『The Same Wind(おなじ風)(ベッテ・キリオン/ Bette Killion 著)の挿絵をはじめ、数々の雑誌のイラストも手がける。本書『サーカスから にげたクマ、グラシャ』は、モスクワのサーカス団のオリから逃げたクマが、自転車でシベリアに向かったとの新聞記事をもとに、フォークが心温まる物語に仕上げた。

佐々木賀世子(ささき かよこ)
東京都生まれ。
東京女子大学英米文学科卒。
慶應義塾大学大学院修士課程(英米文学専攻)卒。
翻訳に『ルーイの旅立ち 大空へ』(鳥影社)等がある。
発刊日
2021年11月28日
ISBN
978-4-86265-870-8

詩歌往還 遠ざかる戦後   詩歌往還 遠ざかる戦後

松林尚志

俳句や詩作の傍ら、芭蕉など古典研究を積み重ねてきた著者。卒寿を越えて、詩歌全般にわたる埋もれた貴重な労作を集録すると共に、回想記を添える。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
2200円(税込)
松林尚志(まつばやし しょうし)
1930 年 、長野県生まれ、慶應義塾大学経済学部卒業。
現代俳句協会、現代詩人会の各会員。
俳誌「木魂」代表、「海程」同人。
著書:句集『方舟』1966(暖流発行所)
『 冬日の藁』2009(角川書店)
『 山法師』2019(ふらんす堂)
詩集『 H・E の生活』1976((株)無限)
『 木魂集』1983(書肆季節社)
『 初時雨』2020(砂小屋書房)
評論『 古典と正統 伝統詩論の解明』1964(星書房)
『 芭蕉 愛執と求道の詞花』1990(角川書店)
『 日本の韻律 五音と七音の詩学』1996(花神社)
『 瀧春―鑑賞』2001(沖積舎)
『 子規の俳句・虚子の俳句』2002(花神社)
『 現代秀句 昭和二十年代以降の精鋭たち』2005(沖積舎)
『 斎藤茂吉論 歌にたどる巨大な叙情的自我』2006(北宋社)
『 芭蕉から蕪村へ』2007(角川学芸出版)
『 俳句に憑かれた人たち』2010(沖積舎)
『 桃青から芭蕉へ 詩人の誕生』2012(鳥影社)
『 和歌と王朝』2015(鳥影社)
『 一茶を読む やけ土の浄土』2018(鳥影社)
発刊日
2021年11月12日
ISBN
978-4-86265-930-9

用無し侍 —荒れ野を茶園に—   用無し侍 —荒れ野を茶園に—

富永彰平

慶応四年の江戸士、 三河武士の末裔だが名ばかりの軍人。 江戸を追われ、たどり着いたは駿河の国。
藩士とは名ばかりの無禄侍が、 生きるすべを求め、幕末から昭和まで闘いつづけた “ 庶民の歴史 ”。
そこに未来をひらく生き方があった!

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1200円(税込)
富永彰平(とみなが しょうへい)
昭和29年1月、神田川尻の問屋街・浅草橋に生まれ、城西外の新開地・中野に育つ。
旧大阪外語大ロシア語科卒。脱サラ後、日本語教師など。
発刊日
2021年11月30日
ISBN
978-4-86265-936-1

タヒチからの手紙   タヒチからの手紙

葉山弥世

幼少時、外地からの引揚げ家族であった作者には、戦争の厳しさは戦後にこそあったのだろう。そうしたなかで鍛えられ育まれた独特な夢と精神とが、この一冊には貫流している。特に「タヒチからの手紙」「命の日々」には作者の純雅な姿勢がくっきりと影を映して、爽やかである。(文芸評論家 勝又 浩)

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1650円(税込)
葉山弥世(はやま みよ)
1941年 台湾花蓮市生まれ
1964年 広島大学文学部史学科卒業
1964年より2年間、福山暁の星女子高校勤務
1967年より広島女学院中・高等学校勤務
1985年 中国新聞主催「第17回新人登壇」入賞
1986年 北日本新聞主催「第20回北日本文学賞」選奨入賞
1996年 作品「遥かなるサザンクロス」が中央公論社主催、平成8年度女流新人賞の候補作となる。
2000年 広島女学院中・高等学校退職「広島文藝派」同人(広島県廿日市市)「水流」同人(広島市)
著書:『赴任地の夏』(1991年)『愛するに時あり』(1994年)『追想のジュベル・ムーサ』(1997年)『風を捕える』(1999年)『春の嵐』(2001年)『幾たびの春』(2003年)『パープルカラーの夜明け』(2006年)『城塞の島にて』(2009年)『たそがれの虹』(2011年)『夢のあした』(2013年)『かりそめの日々』(2015年)〈以上、近代文藝社刊〉『花笑み』(2017年)『ストラスブールは霧の中』(2019 年)『タヒチからの手紙』(2021 年)〈以上、鳥影社刊〉
発刊日
2021年11月12日
ISBN
978-4-86265-924-8
季刊文科86   季刊文科86

特集・超短編のすすめ 女性作家編
名作十選
樋口一葉 雪の日
与謝野晶子 南さん
岡本かの子 茶屋知らず物語
宇野千代 煖炉
平林たい子 盲中国兵
佐多稲子 狭い庭
壺井栄 そぶつ
幸田文 音
三枝和子 白い誘惑
大庭みな子 フィヨルドの鯨
書き下ろし
野崎有以 蝶を見た
椿うたは ガーターベルト
小林エリカ 女が鑑賞する絵画
中島たい子 無人販売所
中沢けい 小さな足跡
笙野頼子 古酒老猫古時計老婆
増田みず子 延長
庵原高子 面会日
吉田知子 へのへのもへじ

日本文学の主流は女性作家である 富岡幸一郎
早送り・近代超短編小説概史 勝又 浩

創作(小説)
新連載 鎌倉幽世八景〈1〉 扇ガ谷 藤沢 周
最終回 くたかけ〈12〉 小池昌代
最終回 結交姉妹〈10〉 村上政彦
医学と文学の間〈5〉 —一アウトサイダーの生涯― 大鐘稔彦
乱雲の月―後光厳天皇の時代〈4〉「菟玖波集」を編む 松本 徹

文科(エッセイ)
野口冨士男生誕一一〇年のことども 平井一麥
有吉佐和子の未完小説「油屋おこん」について 半田美永
ヘダ号の奇跡 飯沼青山
断捨離か整理か 神宮清志
「全国同人雑誌協会」の発足─「まほろば賞」と「同人雑誌大賞」 五十嵐 勉

この本の詳細、目次

価格
1650円(税込)
発刊日
2021年10月31日
ISBN
978-4-86265-931-6

冬の叢   冬の叢

杉山千里

自分の中に空洞があると自覚したのはいつ頃だろう

もう疲れ果てた。
他者の為に生きる事に疲れ果てた。

すべてを断ち切ってしまいたいとずっと願ってきた。
養女として、クラフト陶芸工房にいきる生を問う長編!

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
1980円(税込)
発刊日
2021年11月12日
ISBN
978-4-86265-907-1

19の証言 満蒙開拓団 富士見分村の真実   19の証言 満蒙開拓団 富士見分村の真実

早出伸哉 著
満蒙開拓平和記念館 監修

引揚げから75年「最後の生き証人」が語る満蒙開拓団の真実(リアル)
ギャラクシー賞 “テレビ部門”など受賞作品の制作者が新たな証言と資料を加えて次世代に遺す衝撃の記録!

戦争や満蒙開拓の歴史について知り、考えることは、明日の平和を実現するための「平和の種まき」であると思っています。
(満蒙開拓平和記念館 館長 寺沢秀文)

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1980円(税込)
早出伸哉(そうで しんや)
1974年神奈川県生まれ。写真撮影助手、新聞記者を経て、長野県諏訪市のケーブルテレビ・エルシーブイに勤務。
長野県諏訪郡富士見村(現在の富士見町)が送り出した満蒙開拓団の歴史をたどるドキュメンタリー番組「満州 富士見分村~戦後70年の証言~」で第53回ギャラクシー賞テレビ部門 選奨、第36回「地方の時代」映像祭2016ケーブルテレビ部門 優秀賞、第42回日本ケーブルテレビ大賞番組アワードグランプリ総務大臣賞を受賞。
発刊日
2021年11月6日
ISBN
978-4-86265-919-4

リュウキュウアカショウビンが鳴くころに   リュウキュウアカショウビンが鳴くころに

池田浩子

「とにかく今は、生きたい方向につま先が向いている感覚が心地よい」
美ら海、サガリバナ、アカショウビン……沖縄の自然の中で、奇跡的に出会った二人。

「本当にこっちでいい?」
四十にして惑う主人公に、今多くの人が共感するに違いない。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1430円(税込)
池田 浩子(いけだ ひろこ)
1966年宮崎県延岡市生まれ。
著書 2000年 『のら犬のクラスメイト』(ハート出版)
2001年 『真昼の花火とオールディーズ』(ぶんりき文庫)
2003年 『いつかもどる日のために』(鳥影社)
2006年 『美ら海、今までも今からも』(鳥影社)
2008年 『うちの子 野子』(鳥影社)
発刊日
2021年11月12日
ISBN
978-4-86265-926-2
リヒテンベルクの手帖 I   リヒテンベルクの手帖 I

ゲオルク・クリストフ・リヒテンベルク 著
吉用宣二 訳

18世紀最大の「知の巨人」が残した記録
本邦初となる全訳完全版
「リヒテンベルクの図形」で有名な自然科学者であり、啓蒙の思想家であった著者が、全科百般を論じ、恋愛や自分の内面(夢)をも観察し記録した、人間的魅力あふれる手帖の全容が、ここにはじめて明らかになる。
I巻ではノートA~L、年表を収録

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
8580円(税込)
ゲオルク・クリストフ・リヒテンベルク(Georg Christoph Lichtenberg)
1742‐1799年。
ゲッティンゲン大学教授(物理学)、ドイツの啓蒙期の代表的学者の一人。
著作は「ポケットカレンダー」、「ホガースの版画の解説」など。
「手帖」は死後に出版された。

吉用 宣二(よしもち せんじ)
1952年 滋賀県生まれ
1982年 名古屋大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学
東北学院大学名誉教授
訳書:ルートヴィヒ・ホール『覚書』2016年、晃洋書房
セース・ノーテボーム『サンティアゴへの回り道』2019年、水声社
発刊日
2021年10月26日
ISBN
978-4-86265-917-0
デジタル時代の「血液型と性格」 AIと60万人のデータが開けた秘密の扉   デジタル時代の「血液型と性格」
AIと60万人のデータが開けた秘密の扉

金澤正由樹

“血液型と性格の間には何の相関もない。血液型と性格が関係すると考えるのは日本人だけ。"
かつて心理学者が「性格テスト」によって導き出した結論とそのプロパガンダだ。
けれども血液型が免疫の型であると理解していれば、関係ないなんて言えない。
本書は膨大なデータとAIを駆使してこの問題に取り組んだ快著だ。
(動物行動学研究家 竹内久美子氏の推薦文より)

60万人を超えるデータとAIなどの最新デジタルテクノロジーで多面的に解析し、心理学的に血液型と性格の関連性を実証!
各血液型に目立つ「O型は首相や大富豪」「A型は文科相」「B型は個人スポーツ」「AB型は都知事や米大統領」などの傾向が明らかに!
巻末に東京五輪の全メダリストと皇族の血液型、著者執筆の英語論文3編などを収録!

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1650円(税込)
金澤 正由樹(かなざわ まさゆき)
1960年代関東地方生まれ。ABOセンター研究員。
小学生のとき能見正比古氏の著作に出会い、血液型に興味を持つ。
以後、日本と海外の血液型の文献を研究。コンピューターサイエンス専攻。
数学教員免許、英検1級、TOEIC900点のホルダー。
著書:
『統計でわかる血液型人間学入門』 (2014年、電子書籍2019年)
『B型女性はなぜ人気があるのか』 (2016年)
『血液型人間学のエッセンス』 (2017年)
『Blood Type and Personality 3.0』 (2018年)
『「血液型と性格」の新事実』 (2019年)
発刊日
2021年11月1日
ISBN
978-4-86265-929-3

謎の東丹国使   謎の東丹国使

森下 征二

日本国へ契丹人が攻め寄せてくる!
東丹国使船に乗って来た渤海国の妃の茉莉花が、契丹来寇の緊急事態を告げて来た。
醍醐天皇の朝廷は右大臣忠平が専横を振るい、相次ぐ疫病や道真の怨霊に苦しんでいた。
茉莉花を助ける将門と純友。
日本は果たして、契丹の侵入から逃れられるだろうか?

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1760円(税込)
森下 征二(もりした せいじ)
1941年 広島県広島市生まれ
東北大学経済学部卒業
定年を機に同人誌活動を開始。「慧」、「さくさく」、「まんじ」を
経て現在「文芸復興」同人。
中国並びに日本の歴史小説を執筆中。
著書に
『釵頭鳳』(彩流社「歴史のみち草」所収)
『燕王の京都』(鼎書房「現代作家代表作選集第7集」)
『泰衡の母』(「文芸思潮」第77号所収)
発刊日
2021年10月28日
ISBN
978-4-86265-928-6

わが行く道は遥けくて 渡辺崋山の生涯   わが行く道は遥けくて 渡辺崋山の生涯

馬場 豊

赤貧の武家に生まれ、絵師・家老・蘭学者として開国前夜を駆け抜けた崋山。その劇的生涯を、詩情豊かに描く—
崋山没後180周年に世に問う筆者戯曲第3作—。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1650円(税込)
馬場 豊(ばば ゆたか)
1953年 愛知県に生まれる。
2019年、私立南山国際高等学校・中学校国語科教諭を定年退職。
在職中より演劇部顧問を務める一方、生徒・保護者・市民による朗読劇(戦争関連の諸作品で構成)を学内外で発表。
他の著書に
『ひとすじの糸 玉糸の祖 小淵しちの生涯』(これから出版、2014年)、
『捕虜のいた町 -城山三郎に捧ぐ-』(中日新聞社、2017年)がある。
両作品とも複数回上演。
主な作品に
『語り継ぐ豊川海軍工廠大空襲』(映像ドキュメンタリー シナリオ、1992年)、
『天野鎮雄が読む“愛知一中予科練総決起事件”嵐のあとに~ある少年と家族の記録~』(朗読台本、2012年)
などがある。
発刊日
2021年10月20日
ISBN
978-4-86265-914-9

名古屋の栄さまと「得月楼」 父の遺稿から   名古屋の栄さまと「得月楼」
父の遺稿から

寺田 繁

名古屋の老舗料亭を舞台に綴られる演劇・文化史

昭和の名女優杉村春子もそう呼んだ寺田栄一は、料亭「得月楼」六代目当主。
文学座・創始者の久保田万太郎、岩田豊雄、岸田國士、そして中村伸郎、と戌井市郎という名だたるメンバーが集う文化の交流地だった。(「文学座」演出部 富田稔英)

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1760円(税込)
寺田 繁(てらだ しげる)
昭和二十三年一月、名古屋市生まれ。
四十六年、日本大学芸術学部演劇学科卒。
名古屋タイムズ社入社。
平成二年から中部日本放送(CBS)勤務。二十年一月、定年退職。
文芸同人雑誌「北斗」同人。「中部ペンクラブ」理事。
発刊日
2021年10月8日
ISBN
978-4-86265-921-7

『季刊文科』同人雑誌季評 2014冬〜2021夏   『季刊文科』同人雑誌季評 2014冬〜2021夏

谷村順一

日本文学の源流「同人雑誌」を見守りつづけた記録
かつて同人雑誌はプロを夢みる文学青年たちの研鑽の場であり、多くの芥川賞・直木賞受賞者を輩出してきたが、近年では同人たちの高齢化と減少により、多くが廃刊へと追い込まれている。一方で、若者を中心とした新スタイルの同人雑誌の立ち上げや、即売会「文学フリマ」の開催など、新しい動きが始まっている。これは著者による真摯な同人雑誌作品評、7年間の記録である。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1980円(税込)
谷村順一(たにむら じゅんいち)
1973年東京都生まれ。専門は日本現代文学。
日本大学芸術学部文芸学科卒業。日本大学大学院芸術学研究科博士前期課程修了。
現在、日本大学芸術学部文芸学科准教授。
2014年より『季刊文科』で「同人雑誌季評」を、『文藝年鑑2017』『文藝年鑑2018』『文藝年鑑2019』の「概観 同人雑誌」の項を担当。
発刊日
2021年9月30日
ISBN
978-4-86265-925-5

ポットをたたきわるハリジャン   ポットをたたきわるハリジャン

大木 邦夫

民主主義と市場経済を謳歌する現代世界はどこへ向かおうとしているのか。現代人の生のありかたを、古代インドの叡智を通して見つめなおす珠玉の評論集

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1320円(税込)
大木邦夫(おおき くにお)
昭和23年(1948年)宮崎県児湯郡高鍋町で生まれる。
昭和41年(1966年)宮崎県立大宮高校卒
昭和49年(1974年)東京大学経済学部卒
昭和49年(1974年)千葉県庁就職
平成21年(2009年)インド哲学を学ぶため南インド旅行
平成22年(2010年)千葉県庁退職
平成23年(2011年)Website「タラの芽庵便り」を作成公表
令和 3年(2021年)3月「サラリーマン常磐満作の時間」を出版
発刊日
2021年10月4日
ISBN
978-4-86265-927-9

新訳 金瓶梅 中巻   新訳 金瓶梅 中巻

田中智行 訳

「リズムよく読める」「想像力が刺激される」と話題の上巻につづき
四大奇書さいごの未踏峰、いよいよその頂へ
衣服、食物、男女、宗教…。微細にわたる圧倒的な描写を渾身の筆で受け止めた充実の訳文と、読みごたえある訳注。 生活感情をあざやかに追体験させる作者のするどい眼差し。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
訳者略歴
3850円(税込)
田中 智行(たなか ともゆき)
1977年、横浜生まれ。
2000年、慶應義塾大学文学部卒業。
2011年、東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。
日本学術振興会特別研究員(PD)、徳島大学准教授を経て、
現在、大阪大学大学院言語文化研究科准教授。
専門は中国古典文学(白話小説)。

主な著書に、
『とびらをあける中国文学』(共著、新典社、近刊)
主な論文に、
「『金瓶梅』第三十九回の構成」(『東方学』第119輯、2010)
「『金瓶梅』張竹坡批評の態度」(『東方学』第125輯、2013)などがある。
発刊日
2021年9月22日
ISBN
978-4-86265-918-7

消えるB型 心理学者様へ   消えるB型 心理学者様へ

山上 一

血液型人間学が認められたら心理学が大きく発展!
B型が主導する「種外淘汰」の時代からO型が主導する「種内淘汰」 の時代への万年単位の大動乱が、いま、進行している。
いじめ、ハラスメント、差別、大きくは戦争、紛争などもこの「種外淘汰」の時代から「種内淘汰」の時代への大きな変化の一局面である。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1320円(税込)
山上 一(やまがみ はじめ)
1971年 能見正比古『血液型でわかる相性』に出会う
2018年 『消えるB型 アインシュタインは何故大学に残れなかったのか?』出版
2021年 『消えるB型 心理学者様へ』 出版
ホームページ https://kieru-bgata.com/
英文ホームページ https://blood-type-b-is-vanishing.com/
発刊日
2021年9月10日
ISBN
978-4-86265-920-0

『新文体作法』本説 ―日本語のルールを知る―   『新文体作法』本説
―日本語のルールを知る―

齋藤紘一

より正確に、より分かり易く伝えるために
近年スマートフォンなどの普及により言葉は短文、単語でしか使われなくなり、日本人の日本語能力が低下している。本書は明治以降から続く現代口語文の文法を見直すことで、論理的な思考の展開をより容易とする新時代の文体の確立を目指した、画期的書である。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1980円(税込)
齋藤 紘一(さいとう こういち)
1943年、群馬県生まれ。
東京大学理学部化学科卒。
通産省入省後、課長・審議官を務める。
1993年退官後、ISO(国際標準化機構)日本代表委員、
独立行政法人理事長等をへて現在、翻訳家。
著 書
『「新文体作法」序説 ―ゴーゴリ「肖像画」を例に― 』(鳥影社、2018年)
訳 書
フョードル・ソログープ
『小悪魔』(文芸社、2005年)
ボリス・ワジモヴィチ・ソコロフ
『スターリンと芸術家たち』(鳥影社、2007年)
ワシーリー・グロスマン
『人生と運命』(全3巻、みすず書房、2012年)日本翻訳文化賞受賞
『万物は流転する』(みすず書房、2013年)
『システィーナの聖母』(後期作品集、みすず書房、2015年)
発刊日
2021年9月10日
ISBN
978-4-86265-909-5

光と影 ハイデガーが君の生と死を照らす!   光と影 ハイデガーが君の生と死を照らす!

村瀬 亨

今だからこそ考えてみる“生きるってことを”
ハイデガー『存在と時間』論を軸とした、生と死について考えるための哲学入門書。ハイデガーのみならず、西洋哲学、東洋哲学、宗教、そして文学、音楽、映画に至るまで、多岐に渡る文献、作品から言葉を引用し、ハイデガーの難解な哲学を入門者にも判りやすい形まで読み砕いた、河合塾の人気講師による解説書。
阿部公彦教授(東大)、西村義樹教授(東大)、篠原俊吾教授(慶大)、福田耕治教授(早大)、ジェームス・ドーシー教授(米ダートマス大)推薦。巻末に町田健名古屋大学名誉教授の解説を収録する。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1650円(税込)
村瀬 亨(むらせ とおる)
河合塾講師、河合文化教育研究所研究員。早大・東大大学院で国際政治を修め、ハワイ大学大学院へ留学したのち、岐阜教育大学&付属高校(現・岐阜聖徳学園大学)、神奈川大学などの講師を経て、河合塾専任講師となる。
主な著者として『Top Grade 難関大突破 英語長文問題精選』(学習研究社)、共著に『英語長文読解 読み方から解法まで [発展編] 』(河合出版)、『ENGLISH BOOSTER 大学入試英語スタートブック』(学研プラス)、訳書にウィリアム W・カウフマン著『1980年代の防衛』(カヨウ出版)など多数。
インターネット配信「学びエイド」で入試問題解説や各大学教授との対談を配信中。
発刊日
2021年8月30日
ISBN
978-4-86265-916-3

あやとり巨人旅行記   あやとり巨人旅行記

稲葉祥子

第14回神戸エルマール文学賞受賞作
PCという名の男、百年間女を待ち続ける男、棺桶に眠る男、巨人という異形の男。そしてそんなありふれた幸せのかたちを持たない彼らを愛した女たち。
この本に収められた四編の物語に横溢する静謐な死の気配とかなしみは、作者の巧みなストーリーテリングと抑制の効いた筆致によって美しく結晶し、読むものを「ここではないどこか」へと誘う。
(日本大学芸術学部 准教授 谷村順一)

四編の物語が奏でる生と死のシンフォニー
耳にこころよいメロディには、しかし耳をすませば終わりの予感=死の気配が通奏低音となって鳴り響いている。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1760円(税込)
稲葉 祥子(いなば さちこ)
1967年生まれ。 大阪府出身。 外国人留学生を対象とした日本語教師。
2007年「髪を洗う男」で第24回大阪女性文芸賞佳作。
2015年「装飾棺桶」が太宰治賞最終候補となり、『太宰治賞2015』(筑摩書房)に掲載される。
2020年「あやとり巨人旅行記」で第14回神戸エルマール文学賞受賞。
発刊日
2021年8月30日
ISBN
978-4-86265-923-1

ティーク文学とアインザームカイト: 静けさ、安らぎ、喜び、そして自然   静けさ、安らぎ、喜び、そして自然
ティーク文学とアインザームカイト

山縣光晶

ドイツロマン主義文学の代表的文豪であるルートヴィヒ・ティーク。 本書は、ティークの作品を通じてアインザームカイトのもつ多様で重層的な意味合いを探求する。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
2200円(税込)
山縣 光晶(やまがた みつあき)
1950年生まれ。
ドイツ環境政策研究所所長、林業経済研究所フェロー研究員。
1972年、東京農工大学農学部卒業。
2013年、上智大学大学院文学研究科(ドイツ文学専攻)博士後期課程修了。
博士 (文学) 。
林野庁国有林野総合利用推進室長、近畿中国森林管理局計画部長、岐阜県立森林文化アカデミー教授、東京農工大学・京都精華大学・上智大学講師、林道安全協会専務理事、全国森林組合連合会常務理事、一般財団法人林業経済研究所所長などを歴任。
日本独文学会会員。
専門はドイツロマン主義文学、環境問題。
『原子力と人間』、『木材と文明』、『森なしには生きられない―ヨーロッパ・自然美とエコロジーの文化史』、『森が語るドイツの歴史』(築地書館)などの訳書、著書がある。
発刊日
2021年8月24日
ISBN
978-4-86265-922-4

αとω(アルファとオメガ)   αとω(アルファとオメガ)

村上政彦

小説は社会性・時代性・寓話性及び恋愛や土地の歴史があり、作品世界は広くて深い。まさに「文学」だという趣がある。その上、おもしろい。飽きさせない。村上氏の代表作となるのではないか。(小説家・佐藤洋二郎)
〈この本の著者印税は福島の子供達を守る認定NPO法人たらちね(いわき市)に寄付します。〉

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1650円(税込)
村上 政彦(むらかみ まさひこ)
1958年、三重県生まれ。作家。
業界紙記者、学習塾経営などを経て、
87年「純愛」で福武書店(現ベネッセ)主催・海燕新人文学賞を受賞。
日本文藝家協会常務理事。日本ペンクラブ会員。
著書に
『ナイスボール』福武書店 のち集英社文庫、
『ドライブしない?』(「純愛」所収)福武書店 、
『青空』福武書店、『Zoo』海越出版社、『アラブの電話』福武書店、
『魔王』集英社、『トキオ・ウイルス』講談社 のちハルキ文庫、
『ニュースキャスターはこのように語った』集英社、
『東京難民殺人ネット』角川春樹事務所 (ハルキ・ノベルス)、
『「君が代少年」を探して 台湾人と日本語教育』 平凡社新書、
『見果てぬ祖国』ホセ・リサール原作/翻案 潮出版社、
『ハンスの林檎』潮出版社、『三国志に学ぶリーダー学』潮出版社、
『三国志に学ぶ勝利学』潮出版社、
『世界の文学名場面を読む』第三文明社・21c文庫、
『小説を書いてみよう』第三文明社、
『作文を書いてみよう─こうすれば、きみも文章が書ける』第三文明社
発刊日
2021年8月12日
ISBN
978-4-86265-906-4
季刊文科85   季刊文科85

特集・さまざまな8月15日
あの日、あの戦争をどう捉えたのか
富岡幸一郎 八月十五日と九月二日
平山周吉 藤田嗣治の八月十五日
竹田志保 吉屋信子の八月十五日
佐藤秀明 ドナルド・キーンの戦中戦後―見なかった「日本人」―
細谷 博 小林秀雄「三つの放送」と北原武夫宛書簡
勝又 浩 最後の行き違い―井伏鱒二と太宰治
松本 徹 そして、始まった 三島由紀夫と蓮田善明
窪島誠一郎 わが生母の「八月十五日」
千田佳代 私の八月十五日
中沢けい アジア・太平洋の八月十五日
名作再見
三浦哲郎 十五歳の周辺
神吉拓郎 ブラックバス
創作(小説)
くたかけ〈11〉 小池昌代
結交姉妹〈9〉 村上政彦
医学と文学の間〈4〉 —一アウトサイダーの生涯― 大鐘稔彦
乱雲の月―後光厳天皇の時代〈3〉 花の下から 松本 徹
文科(エッセイ)
僥倖と忘却と 関根 謙
北大の懐かしい先生たち 佐川光晴
二つの海─三島由紀夫と高橋たか子 山内由紀人
傷つきやすさについて 鳥羽和久
『テオリア高橋英夫著作集』全八巻刊行によせて 高橋真名子

この本の詳細、目次

価格
1650円(税込)
発刊日
2021年7月31日
ISBN
978-4-86265-911-8

創作入門 ─小説は誰でも書ける 小説を驚くほどよくする方法   創作入門 ─小説は誰でも書ける
小説を驚くほどよくする方法

奥野忠昭

長年の創作活動、物語学(ナラトロジー)研究、小説指導に基づく小説を書くための基礎理論とテクニック
自らも芥川賞候補2回や文学賞の受賞歴のある創作者であり、大阪文学学校で42年にわたり小説講座を指導し、多くの作家を送り出してきた筆者。長年の創作経験と指導経験に基づくその創作理論を、実例を示すことで実践的でかつ分かりやすく提示する。初心者にもベテランにも役立つ一冊。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1980円(税込)
奥野 忠昭(おくの ただあき)
1936年 大阪府岸和田市に生まれる
1960年 大阪学芸大学卒業
1981年 大阪教育大学大学院(国語科教育学専攻)修士課程修了
元和歌山大学教育学部教授
1965年 「煙へ飛翔」で日教組文学賞を受賞
同作品で第61回芥川賞候補
1970年 「空騒」で第63回 芥川賞候補
1977年 「姨捨」で神戸文学賞受賞

著書
短編小説集『煙へ飛翔』(一ツ橋書房刊)
短編小説集『舟が見えてもいい』(創樹社刊)
短編小説集『電車ともだち』(大阪文学学校・葦書房刊)
評論集 『日常を超える闘い ─日野啓三論』(ドット・ウィザード刊)
解説書 『これだけを知っていれば小説は見違えるほどよくなる』(大阪文学学校・葦書房刊)
発刊日
2021年8月2日
ISBN
978-4-86265-910-1

オートバイ地球ひとり旅 ヨーロッパ編   オートバイ地球ひとり旅
ヨーロッパ編

松尾清晴

探検家・関野吉晴氏、推薦!
地球人ふれあい旅が始まった!
痛快無比なバイク旅は、このヨーロッパ編からスタートを切り19年をかけ140ヵ国、39万キロを冒険・走破することになる。

吹雪のピレネー山脈を越えろ!
本書では、急激な天候悪化に遭遇—
吹雪の中、命懸けのツーリングを決行!

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1760円(税込)
松尾清晴(まつお・きよはる)
1943年(昭和18)10月15日佐賀県嬉野市生まれの地球人。
鹿島実業高校(定時制)卒業後、国鉄入社・肥前鹿島駅・東京駅・浦和車掌区・上野要員機動センターを経て退社。
56才よりオートバイで地球ひとり旅を始め19年間で140ヵ国、39万kmを走破。
発刊日
2021年7月17日
ISBN
978-4-86265-912-5

ALSが治っている 純金製の氣の療法「御申じょう療法」   ALSが治っている
純金製の氣の療法「御申じょう療法」

古庄弘枝

ALS・がん・難病に一助二助ときに大助となる御申じょう療法
トップアスリートたちも絶賛! 痛みがとれ体が動く!
日本画家・千住博氏、推薦!

ALSアイスバケツチャレンジ(inニューヨーク)で氷水を被りました。
ALS(筋萎縮性側索硬化症)に御申じょう療法が助けになっていると聞き、
それはとても自然な気がしています。(日本画家・千住博氏)

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1760円(税込)
古庄弘枝(こしょう・ひろえ)
大分県・国東半島生まれ。ノンフィクションライター。
著書に以下のものがある。
『5Gストップ!電磁波過敏症患者たちの訴え&彼らに学ぶ電磁放射線から身を守る方法』(鳥影社)
『5G(第5世代移動通信システム)から身を守る』(鳥影社)
『スマホ汚染 新型複合汚染の真実!』(鳥影社)
『スマホ汚染(電磁放射線被曝)から赤ちゃん・子どもを守る』(鳥影社)
『マイクロカプセル香害─柔軟剤・消臭剤による痛みと哀しみ』(ジャパンマシニスト社)
『香害(化学物質汚染)から身を守る』(鳥影社)
『携帯電話亡国論 携帯電話基地局の電磁波「健康」汚染』(藤原書店)
『あらかい健康キャンプ村 ─日本初、化学物質・電磁波過敏症避難施設の誕生』(新水社)
『見えない汚染「電磁波」から身を守る』(講談社+α新書)
『沢田マンション物語 ─2人で作った夢の城』(講談社+α文庫)
『モー革命 ─ 山地酪農で「無農薬牛乳」をつくる』(教育史料出版会)
『どくふれん(独身婦人連盟)─元祖「シングル」を生きた女たち』(ジュリアン)
ほか多数。
発刊日
2021年7月21日
ISBN
978-4-86265-908-8

経営という冒険を楽しもう3   経営という冒険を楽しもう3
コロナ禍に立ち上がった経営者たち

仲村恵子

アマゾンビジネス書部門17冠! どうせ無理を超えて奇跡を起こした2社の実話シリーズ第5弾!
コロナ禍を乗り越えるために立ち上がった「ヴァリアント」「ダスキン福山」2社の奇跡の物語!

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1500円(税込)
仲村 恵子(Keiko Nakamura)
ビジョン経営コンサルタント
株式会社 World U Academy代表取締役
ヒーローズクラブ主宰 豈プロジェクト代表
22歳で独立起業し業績を伸ばすも、いつのまにか数字を追いかけ続ける人生に疑問を持つ。世界中にメンターを探し、「人生と仕事の繁栄を実現する」ための「考え方をシフトする独自のプログラム」を開発。ビジョン経営コンサルタントとして、延べ1万人以上のトレーニングを担当。
研修しても根本的な解決は出来ないと言われるコンテンツ「(人間関係と新時代のお金の問題)」を、画期的な学習プロセスで安全に理解し、まるで奇蹟のようだと言われる結果を引き起こし、経営者・経営幹部・後継者・ご家族の問題を根本的に解決し、数々の実績を収める。
近年では日本人の根幹となる精神性の高さを復興する豈プロジェクトを立ち上げ「地球で学ぶ。会社が魂の学校になる日」を始動。世界遺産屋久島・カナディアンロッキー・ヒマラヤ山脈・北極圏など地球をフィールドに質の高い体験を通して、社会に貢献し愛される魅力的な会社を超えたコミュニティづくりに邁進している。
World U Academy https://world-u.com
ヒーローズクラブ https://heroes.world-u.com
発刊日
2021年7月15日
ISBN
978-4-86265-905-7

有沢橋   有沢橋

神通明美

文芸思潮最優秀賞、とやま文学賞受賞作を収録した作品集

大地と自然との共感
突然夫を亡くした主婦の劇的な変化を軸に、そこからの復活を、神通川の流れと一つの橋の風景に重ねて、鮮やかに描いている。……受け入れ耐え忍ぶことのうちに生まれてくる真の人間の輝きだろう。 (文芸評論家・五十嵐勉氏 推薦)

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
訳者略歴
1650円(税込)
神通明美(じんづう あけみ)
1941年富山市に生まれる
1961年から2002 年まで裁判所に勤務
1999年「秋黴雨」でとやま文学 を受賞
2008年「雪解靄」で銀華文学奨励賞を受賞 
2011年「引渡し」で銀華文学奨励賞を受賞
2012年「蕎麦の華」で銀華文学優秀賞を受賞
2013年「赤い眼」で銀華文学優秀賞を受賞
2016年「有沢橋」で文芸思潮最優秀賞を受賞
短編小説集『雪解靄』(アジア文化社) 
『かいむ』『青嵐』(富山市)『讃岐文化』などの同人誌に作品を発表し、
現在、文芸誌『ペン』(富山市)同人
発刊日
2021年7月21日
ISBN
978-4-86265-900-2

塹壕の四週間 あるヴァイオリニストの従軍記   塹壕の四週間 あるヴァイオリニストの従軍記

フリッツ・クライスラー 著
伊藤氏貴 訳

伝説のヴァイオリニストによる名著復活! 偉大な人格と情緒豊かな音楽に結びついた極限の従軍体験を読み解く。 (音楽評論家・板倉重雄氏推薦)

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
訳者略歴
1650円(税込)
伊藤氏貴(いとう うじたか)
1968年生まれ。文藝評論家。明治大学文学部教授。
麻布中学校・高等学校卒業後、早稲田大学第一文学部を経て、
日本大学大学院藝術学研究科修了。博士(藝術学)。
2002年に「他者の在処」で群像新人文学賞(評論部門)受賞。
著書に、『告白の文学』(鳥影社)、『奇跡の教室』(小学館)、『美の日本』(明治大学出版会)、『同性愛文学の系譜』(勉誠出版)等がある。
発刊日
2021年7月21日
ISBN
978-4-86265-900-2

疾走の果てに   疾走の果てに

神宮清志

かつて栄華を誇った
名家没落のあと 波乱万丈の人生をいま、ふり返る
これは、真実の物語

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1540円(税込)
神宮 清志(じんぐう きよし)
1937年 東京で生まれる。
法政大学文学部卒業。
慶應義塾事務職員として定年まで勤務。
能面師として能面教室を主宰。個展四回。
随筆「蕗の会」、電子書籍「風狂の会」会員。
著書に『仙游小舎の日々』(牧歌舎刊)がある。
発刊日
2021年7月15日
ISBN
978-4-86265-899-9

ゆうすけとけんじ   ゆうすけとけんじ

鳥越久朗

元気いっぱいの男の子!
祖父が孫に語る昭和の子ども時代

ゆうすけとけんじとその友だちが、元気よく遊んでいるところに、みんなも飛び入りしてみない?
はじめてのこと、知らないもの、びっくりすることなんかがあって、きっと面白いと思う。(本文より)

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1320円(税込)
本名、江口雄輔(えぐち・ゆうすけ)
1946年福岡生まれ、昭和女子大学名誉教授。
著書:「『新青年』読本」(共著)作品社1988年
「久生十蘭」(単著)白水社1994年
編集:「定本久生十蘭全集」国書刊行会2008年〜2013年
発刊日
2021年7月15日
ISBN
978-4-86265-896-8

ある作家への回想   ある作家への回想

小諸悦夫

血縁にある作家について回想した表題作をはじめ、著者の長年の創作活動から生まれた短編集。老境を迎えた者の共感を呼ぶ味わい。
〈所収作品〉若い頃の日々/多美の告白/ある作家への回想/ひとり旅/住まいの悩み/アトリエにて

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1430円(税込)
小諸悦夫(こもろ・えつお)
1932年東京都生まれ。法政大学第二文学部英文科卒業。
出版社で主に少年雑誌、少女雑誌の編集に従事。

著書:
『フレッド教授メモリー』(早稲田出版)
『ミミの遁走』『落日の残像』『民宿かじか荘物語』『酒場の天使』
『ピアノと深夜放送』『遙かなる昭和』『栄華の果て』『墓参めぐり』
『インク・スタンド その後』『角一商店三代記』『人生回り舞台』(以上 鳥影社)がある。
発刊日
2021年7月15日
ISBN
978-4-86265-904-0
親子の手帖 増補版   親子の手帖 増補版

鳥羽和久

増補にあたり村井理子さんの解説と新項目を追加収録。
全体の改訂も行った待望のリニューアル版。

親と子の幸せの探し方
現代のたよりない親子たちが、幸せを見つけるための教科書。

《推薦》
奥貫薫さん(俳優)
石川直樹さん(写真家、写真集『CORONA』『K2』『DENALI』など)
植本一子さん(写真家、著書に『家族最後の日』『降伏の記録』など)

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1540円(税込)
鳥羽和久(とば かずひさ)
1976年、福岡県生まれ。文学修士(日本文学・精神分析)。大学院在学中に学習塾を開業。現在は、株式会社寺子屋ネット福岡代表取締役、唐人町寺子屋塾長、及び単位制高校「航空高校唐人町」校長として、小中高生(150余名)の学習指導に携わる。教室の1Fには書店「とらきつね」があり、主催する各種イベントの企画や運営、独自商品の開発等を行う。著書に『おやときどきこども』(ナナロク社)など。
唐人町寺子屋 公式サイト http://tojinmachiterakoya.com/
発刊日
2021年7月7日
ISBN
978-4-86265-897-5
新版 誤れる現代医学〈第2版〉   新版 誤れる現代医学〈第2版〉

橋本行生

好評につき増補・改訂を行った第2版。
改版にあたり「第8章 新型コロナウイルス感染症重症化の真因はウイルスではなく活性酸素種 フリーラジカル傷害」「最終章 死に方の研究」を新章として追加収録する。

新型コロナウイルスとワクチンへの疑義
新型コロナウイルス感染症の重症化と死因はウイルスではなく、活性酸素種/フリーラジカル傷害が主因。多量の活性酸素を発生させる喫煙やフリーカジカル化した精製油の加工食品を避け、活性酸素種を消去する野菜スープ等々を十分量摂取していれば、たとえ感染しても重症化せず、むしろ免疫力が身につく。感染は決して悪ではなく、恐れてはいけない。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
2420円(税込)
橋本行生 本籍名 橋本行則(はしもとゆきのり)
(略歴)
昭和10年生まれ、本籍熊本県、医学博士。
昭和35年、熊本大学医学部卒、同大学院およびオーストラリア・モナシュ大学で骨格筋・平滑筋の電気生理学の研究、東大医学部物療内科から社会福祉法人毛呂病院(現埼玉医大)第二内科、国立東静病院内科、岩手県衣川村国保診療所を経て、昭和49年より大阪府枚方市で橋本内科医院・みずほ漢方研究所、平成3年より熊本市で橋本行生内科を開設、現在に至る。
(著書)
誤れる現代医学、創元社、昭和46年 病気を直すのは誰か、創元社、昭和49年 あなたこそあなたの主治医、農文協、昭和54年 医者がすすめる民間療法、講談社、昭和54年 自立こそ治癒力の源泉、柏樹社、1979年 治療学への提言、創元社、昭和55年 病気は自分で直す、三一書房、昭和59年 病からのひとり立ち、三一書房、1984年 操体・食・漢方・現代医学 家庭医療事典、農文協、昭和61年 病気を治す着眼点、柏樹社、1988年 医療をささえる死生観、柏樹社、1988年 魂が救われるために、勁草出版サービスセンター、1991年 病いを知り己れを知る、農文協、1994年 いっしょに治るいくつもの病気、農文協、1996年 共著:私こそ私の主治医、 緑風出版、2001年 症例による現代医学の中の漢方診療、医歯薬出版、2003年 新版・あなたこそあなたの主治医、農文協、2003年 病気を直す心意氣、農文協、2004年 共編著:あなたにもできるがんの基礎療法、農文協、2005年 魂が救われるために第六巻、自家出版、平成23年
発刊日
2021年6月28日
ISBN
978-4-86265-903-3
あいしてるよ   あいしてるよ

あゆか

あなたにとって 本当に大切なものに 気づけますように……
(清水寺成就院住職 大西英玄氏推薦)

生まれてきてくれてありがとう
生んでくれてありがとう
"すべての人が 子であり 親である"ということを思い出していただけますように……

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1650円(税込)
著者のサイト:イノチムスブ家
https://inochimusubu-ie.jp/
発刊日
2021年6月22日
ISBN
978-4-86265-893-7

ヘルダリーン–ある小説   ヘルダリーン–ある小説

ペーター・ヘルトリング
富田 佐保子 訳

フランス革命は彼とその仲間たちをどう衝き動かしたのか?
本書は、現代と過去を自由に往き来し、やがて狂気の道を辿るこの魅力的な詩人の人生を描ききり、読書の喜びへと誘う。

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
2860円(税込)
発刊日
2021年6月16日
ISBN
978-4-86265-879-1

太郎と弥九郎   太郎と弥九郎

飯沼青山

江川太郎左衛門と斎藤弥九郎
ふたりの奮闘を描く、迫真の歴史小説!
品川台場、韮山反射炉、日本初の西洋式帆船を造り、 西洋の科学技術導入に尽力した江川太郎左衛門
江戸三大道場のひとつ練兵館道場主で尊王攘夷派の剣客斎藤弥九郎
─幕府保守派の妨害と闘いながら、迫りくる西洋帝国 主義と対峙し、激動の時代を切り開いた男たちの物語

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
2200円(税込)
飯沼 青山(いいぬま せいざん)
1957 年三重県生まれ。東大英文科卒。
文藝春秋に入社し、雑誌編集部、出版局等で編集者として勤務、監査役を経て文筆業に。
発刊日
2021年6月3日
ISBN
978-4-86265-895-1

国旗と世界のストーリー   国旗と世界のストーリー

米村典紘

世界が、いまがわかる
国旗には、それぞれの国の歴史が凝縮されている。
米村典紘氏による詳細な調査が実った傑作、面白い。
(作家・元外務省主任分析官・佐藤優)

この本の詳細、目次

amazon.co.jpで買う

価格
著者略歴
1980円(税込)
米村 典紘(よねむら のりひろ)
1943年東京生まれ。
1966年成城大学経済学部卒業後協和銀行(現りそな銀行)入行。
サンパウロ大学経済学部在籍後サンパウロ駐在員事務所開設。青戸支店長・麻布支店長・銀座支店長、営業情報部長、法人部長を歴任。その間、北米・中南米・欧州・アジア・豪州の各国を訪問。
73歳で現役引退後、同人雑誌「まんじ」会員として「世界の国旗」をテーマに執筆。わかりやすい世界の国と国旗研究を続ける。
ボランティア活動としては、東日本大震災の避難先や老人ホームでバンド演奏・外国人おもてなし語学ボランティア・東京五輪ボランティア登録。
発刊日
2021年6月6日
ISBN
978-4-86265-883-8
HOME>新刊情報