文藝・学術出版鳥影社

本のご注文(送料無料)はこちら
書評
HOME>書評  

ニーベルンゲンの歌』岡﨑忠弘 訳
図書新聞 平成29年(2017年)8月19日 

大家の訳や註と対決する姿勢
世界文学の古典として、『ニーベルンゲンの歌』は永く読み継がれるであろう。
評者・寺田龍男(北海道大学教授)

HOME>書評