自費出版に関するさまざまな質問、疑問にお答えいたします。

一生に一冊かもしれない自分の本を出す

本を出すということ。それは一生に一回かもしれない出来事であり、人生の中での一大事業であると考えます。
鳥影社では“夢を叶えるプロジェクト”を立ち上げ、自費出版を目指す方々に対して、様々な障壁を軽減することから始めました。

Q:本を作るノウハウがわからない。

A: まずは誰もが分かりやすいマニュアルを用意しました。
弊社では編集者、校正者が徹底した編集・校正を、
プロのデザイナーが装丁(カバーデザイン、帯、表紙、本扉)を、
営業担当者が販売、宣伝・広報活動を、
それぞれのエキスパートのスタッフが全力でサポートいたします。
初めての方でもご期待、ご希望どおりの本になるように全面的に尽力し、協力いたします。

Q:高額の出版費用がかかるのでは?

A: 当然ながら、より良質な本にするためには数多くのスタッフが長期間にわたってそれぞれの分野で作業する必要があります。そのため、本の制作には通常、初版分の販売総額(定価1500円として1000部で150万円)よりも多くの金額が必要になる場合が通常です。しかし、弊社ではそれでは著者の方々の負担が大きすぎると考え、主にインターネットによる募集に注力することや、少人数のスタッフでも最高の仕事ができる体制を整えることにより、他社の金額よりも大幅に安い費用に抑えることに成功しました。書店流通をご希望の場合、四六判(188mm×130mm)、200頁、1000部で100万円(税別)という価格を実現しました。また、印刷製本段階をオンデマンド仕様にした場合には、四六判、100頁、50部で35万円(税別)という業界最安値水準の価格で提供できるようにいたしました。オンデマンド型の場合でも、プロによる編集・校正や装丁は通常の出版と変わりませんし、ISBNコードやバーコードを取得しますので、Amazon.co.jp等のネット書店や、全国書店での取り寄せ注文が可能です(※オンデマンドの場合は増刷に別途費用が必要となります)。また書店流通型の場合には、上記に加えて書店営業、流通の経費、雑誌への広告、チラシの作成といった販売促進活動等までの一連の費用が含まれておりますので、契約後の追加負担は原則的にございません(後述)。他社の見積りと比較していただければ幸いです。

Q:本屋さんには、置いてもらえますか?

A: その点を重視している方が多いと思います。正直なところ、確実に全国の何店舗に置けますとは簡単に言えない時代となっております。書店数の減少、出版業界の縮小傾向はご存じのとおりです。業界全体の出版点数は増えていますが、売上は下がっているという状況が現実です。そのため、出版取次会社(日販、トーハン、大阪屋栗田、中央社、JRC等)もどんな作品でも簡単に受け入れてくれる時代ではなくなっております。
しかし、弊社では独自の営業ルートや配本実績により、全国の有名書店を中心に約200店舗に配本が可能です。またAmazon.co.jp、楽天ブックス等の主要ネット書店、ショッピングサイトでは確実に注文可能となりますし、弊社のサイトでの販売、電話注文(送料無料、郵便振替手数料無料)が可能です。
ただ、私たちの使命は心をこめて作った本を、書店に置くことが目的でなく、より多くの人に読んでもらうことだと思っております。
そのための販売情報の事前告知や各イベントでの宣伝活動および直販、新聞・雑誌媒体、注文・広告用のチラシや店頭広告用のポップの作成などでの告知活動を着実に進めてまいります。

Q:印税はどれくらいもらえますか?

A: 印税については出版の形態、個別の契約によって大きく異なります。自費出版の場合、原則的に印税は増刷分(二刷)よりのお支払いとなりますが、契約内容により初版時からお支払いすることも可能です。しかし、出版費用をご負担いただいている以上、初版分より印税をお支払いするということは、お支払いいただいた出版費用を返金するようなものだと考えます。弊社の場合、初期の費用負担を可能な限り抑えることが出版を目指す方々への最善の道であると考えておりますので、増刷分より、とさせていただいております。

Q:初版1000部の場合、著者が受け取れる部数はどれくらいですか?

A: 通常の場合、200部をお受け取りいただけます。契約内容を変更することにより、それ以上に増やすことも可能です。また著者受け取り分以上に本が必要なった場合には、定価の7割にて買い取りが可能です。

Q:本の出来上がりまでどれくらいかかりますか?

A: 通常の場合、納品まで6ヵ月前後となります。しかし、柔軟に対応いたしますので、お急ぎの場合や特定の日時に納品を希望される場合にはご相談ください。また、本の出来上がりから書店への流通までには通常、半月〜1ヵ月ほどの日数が必要となりますのでご了承ください。例外的に、アマゾンの場合には直接取引をしてるため、納品日の数日後には全国のお客様のお手許にお届けが可能です。

Q:企画出版でやってもらえませんか?

A: 企画出版(費用を弊社が負担)に関しましては、明確に市場の需要、競争力のある作品に限りお引き受けいたします。
具体的には、過去に販売実績のある方で、初版3000部以上の発行、流通、販売が見込める市場競争力、需要のある作品が対象となります。
作品の内容等により判断いたしますので、まずはお問い合わせください。

Q:契約後の追加料金はかかりますか?

A: 原則として、梱包・配送料の実費等を除き契約後の追加料金は発生いたしません。
鳥影社では、出版にかかる金額・費用を詳細に算出し、製作から印刷~完成、流通まで考えた自費出版プランをご提示いたします。
追加料金が必要になる主なケースは、
・手書き原稿の場合のデータ入力料
・歌詞を使用した場合の日本音楽著作権協会(JASRAC)への使用料、写真や新聞記事の使用料等の権利関係の実費
・献本の配送料
・著者受け取り分の長期預かりの保管料および初回以降の配送料(初回受け取り分の配送料は基本料金に含まれます)
・電子書籍化、新聞広告等のオプションの追加
・著者様の都合による変更
・常識的な範囲を大幅に超える編集についての超過分
などとなります。
通常の範囲内の編集、校正、装丁(カバーデザイン、帯、表紙、本扉)、印刷・製本、書店営業、書店流通等、本の出来上がりから書店へ流通するまで一連の費用については、契約時の金額から追加料金をいただきません。
新聞の書籍広告に関しましては、弊社の独自ルートによりお安い金額で掲載することが可能です。
電子書籍に関しましても、弊社より出版された方にはPDFでのデータ供給は無償にてご提供いたしますし、Amazon Kindleに対応した形式、EPUB形式のデータ制作、販売もお安い価格で対応いたしますのでご相談ください。
また作品の著作権や印税等、権利関係の契約もわかりやすく丁寧にご説明いたします。
創業35年間で培ったノウハウで、お客様のご要望に合った本の制作ができるよう、しっかりとサポートさせていただきます。

※自費出版、電子書籍、新聞の書籍広告等のトラブル・詐欺にご注意ください
自費出版において「見積の費用よりも、高額な費用を請求された」「契約内容と違う」といったトラブルや詐欺が相次いでいます。
また、過去に出版された方に対して、電子書籍化や新聞の書籍広告を市場価格を大幅に上回る金額で持ちかける悪質な業者も存在しています。
弊社より過去に出版された方に関しましては、新聞の書籍広告、電子書籍化につきましては市場価格と比較してもお安い価格を提示可能ですのでまずはご相談ください。

メール、電話によるご相談を受け付けております。

費用面、流通面など他社の審査結果、見積、内容等に不満のある方は鳥影社へお問い合わせください。
自費出版をはじめとする出版に関する費用やお見積、あらゆる疑問等をお気軽にご相談ください。

電話による出版に関するご相談

TEL 03-5948-6470または0266-53-2903(平日午前9時~午後7時)
土日はこちらへ 090-5758-3370(担当百瀬)

メールフォームによるご相談(推奨)

メールフォームによるご相談では、添付によりWordや一太郎等のファイル(50メガバイトまで)の送信が可能です。
データをお送りいただければ数日以内に詳細なお見積もりをお出しいたします。

お問い合わせ
メールフォームによるお問い合わせ
電話によるお問い合わせ