自費出版の他社見積が100万円を超えたら鳥影社へご相談ください

出版とは、本来、出版社が企画立案して本を刊行する事業を指します。しかし、優れた内容であっても経営的に難しいと判断されると、出版できない場合が少なくありません。
鳥影社は、鳥影という社名が示す通り、鳥の影のように一瞬で過ぎゆくものに、永遠の輝きを与え、優れた内容の原稿を、破格の費用で世に送り出すことをお手伝いいたします。
自費出版、企画出版、共同出版といった紛らわしい区別などいっさいありません。
長い年月にわたって培ってきた専門書編集のノウハウを生かして、編集から装丁にいたるまで最高の出版力を注ぎ込みます。優れた内容の出版物は、全国紙(読売、朝日、日経新聞など)の一面に広告を載せ、全国のジュンク堂書店、紀伊國屋書店といった主要書店やアマゾン(Amazon.co.jp)、楽天ブックスといった主要オンライン書店に配本いたします。 ジャンルは、小説、歴史研究、ノンフィクション、評論、思想、エッセイ、翻訳、自分史、あらゆる分野の独自研究など基本的に制約などはありません。また大学等の研究機関による研究書、学術書、医学書、論文にも対応(出版実績多数)。翻訳もドイツ文学を中心として、英語、イタリア語、フランス語、ロシア語、アラビア語など、あらゆる言語の出版実績があります。その他、絵本でも図書館や学校への納入実績、写真集などのオールカラーの書籍の実績など、創業より35年間、実績を積み重ねてまいりました。また企業様向けの企業出版・ブランディング事業も行っております(詳しくはこちら)。
他社の費用面、内容等にご不満の方はご相談ください。
まずはメールフォームまたは電話にてお問い合わせください。
文章の書き方やコツは鳥影社コラムでも紹介しておりますのでご覧ください。

日本自費出版ネットワーク主催、日本自費出版文化賞において、弊社が制作した本が大賞を受賞しました。

第21回日本自費出版文化賞(2018年)において弊社刊行の『石川啄木と北海道―その人生・文学・時代―』(福地順一著)が大賞を受賞しました。
「自費出版をしてみたい」 「興味がある」という方、これに続いてみませんか?
文章の校正やカバーの作製もすべて一流のプロが行いますので、一般に販売している作品と遜色のない仕上がりをお約束します。
まずはお気軽にお問い合わせください。

応募について(郵送の場合)

原稿(再審査の場合は他社の審査を受けた原稿と審査結果)と、住所、氏名、年齢、職業、簡単なプロフィール、電話番号を明記して下記の住所へお送りください。 ※原稿は紙原稿の他、Word、一太郎、ワープロ等で作成した原稿データでも構いません。 原稿データで応募する場合はCD-R、USBメモリ、フロッピー等にデータを入れてお送りください。

●原稿の応募先●
〒160-0023
東京都新宿区西新宿3-5-12トーカン新宿7F
鳥影社「公募」係

費用面、流通面など他社出版社の審査結果に不満のある方はどしどしご応募下さい。

電話による出版に関するご相談を受け付けております。

TEL 03-5948-6470または0266-53-2903(平日午前9時~午後7時)
土日はこちらへ 090-5758-3370(担当百瀬)

メールフォームによるお問い合わせ(推奨)

自費出版をはじめとする出版に関する費用やお見積や疑問等をお気軽にご相談ください。
添付によりWordや一太郎等のファイル(50メガバイトまで)の送信が可能です。
データをお送りいただければ数日以内に詳細なお見積もりをお出しいたします。

お問い合わせ
メールフォームによるお問い合わせ
電話によるお問い合わせ